FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
今月の猫写真
ネットからダウンロードした手持ちの猫写真からお気に入り
を紹介するこのコーナー。今月も4つの写真を紹介します。

テーマは、面白ねこ


--今月の1枚目。

waraneko1.jpg

「仕事の後の刺身は うめーなぁ」

箸でサーモンを食べる親爺ネコ。



--2枚目。

waraneko2.jpg

やべっ、見つかっちゃった。



--3枚目

waraneko3.jpg

地味だけど

新しいファッションよ。



--4枚目

waraneko4.jpg

バキューン

 ダダダダダ-ン。

きしょう
700年の時を超えて。
久しぶり!遊行寺宝物館に行ってきた。

現在開催中なのが、馬車道の博物館とのコラボ「時宗二祖上人七百年御遠忌記念 真教と時衆」。ここが第一会場、そして馬車道が第二会場、是非とも両方回らねばならないが、まずはここから。

タイトルにもある通り、時宗の第二代・真教上人の700!回忌を機に、その業績とゆかりの事物を紹介する企画展だ。

IMG_1977 (1)
遊行寺


時宗の宗祖といえば、ご存じ(だよね?)一遍上人。彼は教団を作る気などなかったそうだが、真教の努力と献身で一遍の教えが今に伝わっている(そういう理解でいいのかな?)。

それはともかく、国宝・一遍聖絵にもまた会えるし、何よりも!真教上人の坐像は生きているとしか思えない圧倒的な存在感。これを拝見するだけでも行く価値あり、と断言したい。

IMG_1983 (1)

11月10まで開催中だが、真教上人像は遊行寺宝物館での展示なので念のため。

IMG_1976.jpg
一遍上人像


NS
ラグビーワールドカップ開催中!
 ラグビーのワールドカップが9/20から始まった。日本は初戦ロシア、
 強豪アイルランド、サモアと3連勝! 今まで試合なんて見たことなかった
 私もにわかファンになってしまった。 

 ragby1.jpg

 私の地元、新横浜には横浜国際競技場があり、決勝戦が行われることに
 なっている。地元開催なのでラグビー熱を盛り上げるために半年前から
 リュックにラグビーボールのストラップをつけている。

ragby06.jpg

 新横浜駅前には立派なモニュメントも登場し待ち合わせ場所になっている。

 ragby2.jpg

22日はここで世界ランキング1位の(すでに6位に落ちたが)アイルランドと
スコットランドが戦った。

ragby3.jpg

 駅には巨大な看板と緑色のTシャツを着たアイルランドのサポーターが
 競技場へ向かっていた。ガタイの大きな外国人が小さなJR横浜線に乗る
 なんて大丈夫だろうか心配。ちなみに結果はアイルランドが27対3で快勝!

 さて、次の日本は13日にスコットランドと戦う予定。
 がんばれニッポン!

 きしょう
来年こそは。
久しぶりに鎌倉へ行った。
以前のように人だらけだったらどうしようと(相当トラウマになっている)戦々恐々だったが、この日はそれほどのこともなく、小町通りなどもまあまともに歩けたのだった。

もちろん、これはたまたまのことであって、人でウジャウジャの方がデフォルトなんだろう。
まったくイヤなこった。

それはともかく、八幡宮の境内にある国宝館に向かう途中、細長い仮設の通路にぶつかった。
本来の通路の上に砂を盛ってあり、ひたすら真っすぐ、かなりの長さだ。




これは工事用の、なわけはなく、流鏑馬のためのものだろう。
調べてみると、八幡宮の例大祭で流鏑馬が奉納されたようだ。

流鏑馬、一度見てみたいものだ、ってこれまで生きてきて、一度も観たことがないのだ。
こういう偶然がトリガーになって、実際の体験につながればこの上なし。

しかし、通路いや馬場の両サイドの狭いこと。
ここに押し込められるのも嫌だな、っていうか、何かあったら怖い、って感じがする。

そういや逗子海岸でも流鏑馬をやってたっけ。
あちらの方が広々してそうだし、観るならそっちにするか。

IMG_1871.jpg
本当に観る日は来るんでしょうか。


NS
マチナカの電車。
不幸な事故があったばかりだが、MMの京急本社ビルも今月初めに竣工記念式典が行われたばかり。
久しぶりにこの辺りに足を伸ばしたので前を通ってみると、まだまだ完全オープンには至っていない。

何でもエントランスにはミュージアムが出来るそうで、規模はどの程度か不明だが、京急沿線に長らく住んでた者としては大いに興味をそそられるところ。何年前だか埼玉の公園でボロボロの姿を見て心を痛めたデハ230も、ピカピカにレストアされて展示になるそうで、これも再会の楽しみがある。

ともあれ、まだまだ先のハナシは置いといて、ビル脇のスペースに色とりどりのイスがあるのが目についた。これ、京急電車をかたどっているじゃないか。




とりあえず2枚ほど写真を撮ってみたが、考えるとこれ、新旧の各形式が並んでいて、今は本線上を走っていない旧600系、旧1000系なんて顔もある。確認しなかったけれど、800系もあったのかもしれない。

こりゃまた行ってみなくては。

IMG_1709dsf.jpg

NS