FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
珈琲はお好き?
白楽の六角橋商店街。

すれ違うと肩が触れそうな細い通りの両側に、小さな間口の店がびっしり並ぶ屋根付きのアーケード街。
いわゆる「昭和」なムウドの商店街、と言ってもいい。

いっとき、白楽に通っていたこともあったくせに、この商店街のこと、ほとんど記憶にない。
ここ数年?懐かしの商店街、ってことでメディアに取り上げられる機会も増え、それを見て「こんなだったっけ?」などと知ったていたらくである。

今では、以前よりも近くなった白楽。
横浜ウォーキングポイントに参加してることもあるし、とある休日、ここをゴールに歩いてみることにした。

東横フラワー緑道のおかげで、横浜から反町までの道のりが全然ラクになった。
もちろん、以前の急勾配を越えていく、のも足腰に大変いいのだが、より気軽に歩ける、という点でマル。

反町・東神奈川の辺りは、なぜだか結構なラーメン激戦区になっている。
ふだんはあまり食べないラーメンだが、たまにはいいだろう。

食後、腹ごなしも兼ねつつゆっくりペースで歩き続ける。
東白楽を過ぎて路地に入り、くねくね適当に進んでいくとやがて白楽に出た。

目当ての六角橋商店街のアーケードに入り、今日のゴール「珈琲文明」を探す。
「ぶらり途中下車」で林家たい平が、「孤独のグルメ」で井之頭五郎がコーヒーを味わった喫茶店である。
だから行ってみたかった、というのもあるんだけど。

ドアを開けて店に入ると、「お時間かかりますがよろしいですか?」とマスターから声をかけられる。
もちろん全然OK。
2階でのんびり待たせてもらうことにする。

壁の腰張り、床、大きなカウンター、テーブルにイス、ウッディな内装はシック。

どれだけ待ったか忘れたころに、サイフォンで淹れたコーヒーはそのままで供される。
定番という文明ブレンドは、酸味の利いたテイスト。

元々そんなに明るくない店内は、しばらくすると暗さが増して、天井に星がまたたき出す。
プラネタリウム、ってほどじゃないが、なかなかいい感じ。

1時間ほどくつろいでから、帰りは電車で。
次はマイルドなコーヒーを頼んでみたいと思う。




NS
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/961-71e6ab4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)