FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
信州紀行(その4)
いやあ、2時間バスに乗っている間に、かなり空腹になった。
歩く前に腹ごしらえだ、と帝国ホテルに入る。

帝国ホテル、ご存じ東京のそれがもっとも有名だが、ほかにも大阪、そしてここ上高地と全部で3つのホテルを有する。


バスの停留所からすぐ、スロープを降りるとホテルの正面玄関だ。


実は愛知・犬山にももうひとつ…
それは、フランク・ロイド・ライト設計の旧東京帝国ホテルの一部が移築されたもの。
明治村の中にあって、わたしも一度訪ねたことがある。

さて、上高地帝国ホテルでランチ、はいいとして、何を食べようか。
メニューを見て、ちょっと(ウソ)驚いた。

カレーが2,592円、とある…
リゾート価格と帝国ホテルプライスが相まって、こうなるんだろうな。

DSC09361.jpg
食器類はやはり銀製、なのだろうか。ジャン・バルジャン?


そういえば、八芳園でも食べられるものがなくて困ったことを思い出した。

ま、せっかくの旅行だ、いつもよりは気が大きくなっているので、これも思い出作りだ、と食べたビーフカレー、素直にうまかった。決して価格のバイアスはかかっていない。

肉もじゃんじゃん入っているし、食べ応えもある。
だからといって、やっぱり普段は頼まないだろうが。

食後、ホテルの内外を見学。
この建物、巨大な山小屋、といった風情だが、1933年の築なのだ。
ホテルの建物自体が見どころにあふれている。

DSC09396.jpg
玄関の反対側。視線の先は上高地の雑木林だ


ユニークな外観・内装だけじゃない。
80年を超える時間が生み出す重み、そんなものを感じるのだ。
帝国ホテル、の響きから感じるゴージャスさ、転じてわたし風情の感じる居心地の悪さ、そういうものは無縁。

風格、たしかにそれはある。
でも、落ち着く、というか和む、というか、柔らかな空気が流れている。

ここに逗留(逗留、だから1泊2日、ということじゃない)出来たなら、戦前以来の避暑地ライフ、が満喫できそうだ。

DSC09373.jpg
ホテル内部も歴史を感じさせる。


ジブリのアニメ「風立ちぬ」の中にも、こんな感じのホテルで疲れをいやす主人公、てなシーンがあったな。

スペシャルな価格でご提供!というパッケージでもあるといいのだが。
そんなんでもないと、その気はあってもなかなかねえ…ともあれ、ひとつの目標になったのは間違いない。時期未定の。

DSC09403.jpg
いつか、また。


NS
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/915-f794b269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)