FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
ちょっと寄り道。
四国デビューシリーズも残すは3編ほど(の予定)。
ここで閑話休題といきたい。

先日、行きつけの店恒例のバスツアーで都内某所と川越を周ってきた。


こんな、何気ない路地も、蔵に負けず好きだったりする。


川越は一度行こうと思っていたところで、例によって観光協会のサイトからパンフレットのPDFをダウンロードやらプリントアウトやらして準備も進めていたのだが、未だ実行に至っていなかった。

この日は天気はあいにくだったが、まあ下見と思えばいい。
滞在時間も2時間程度なので、市街を一回りするとギリギリなくらいだし。

DSC01134.jpg
ザ・川越、な光景、とはこんな感じじゃなかろうか。

DSC01126.jpg
川越のシンボル・時の鐘。


蔵の街、の風情が魅力たっぷりなのは言うまでもないが、「自分に似ているお地蔵さんが絶対にある」の五百羅漢や、江戸城から移築された建築が残る喜多院、1848年建築の川越城本丸御殿など、見どころは多く、全部周るには一日でも足りないかも。

DSC01135.jpg
ノスタルジーをかきたてる、というか、セットか、という感じの銀行は大正7年の建築。


当然ウマいものにもありつきたいし(今日は渋いカフェでコーヒーを飲んで、イモシューを食べたくらい)、改めてゆっくりと来たいものだ。

なんせ、今じゃ横浜から1本で来れますから。

DSC01145.jpg
こうしてみると、江戸・明治・大正・昭和が渾然一体になった街なんだね。


NS
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/868-d56c1398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)