FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
ブンコへ行こう!
横浜から京急で20分ちょっと、金沢文庫駅からさらに15分ほど歩くと、緑豊かな金沢文庫に到着。

まずはお隣り、鎌倉幕府を支えた大立者・北条実時が創建した称名寺に入ってみる。


参道の門には、北条氏の紋・ミツウロコが。

DSC01796.jpg
参道をしばらく行くと山門。仁王様がはっしと門を守っている。


浄土を具現化した庭園が目に飛び込んでくる。
阿字ヶ池の周りをゆったりと散策してみよう。
朱塗りの橋を渡ってみるのもいい。

翼を休めるカモ、のんびり泳ぐカメ、こちらの気持ちも解きほぐされる心持ちがする。

DSC01759.jpg
阿字ヶ池。太鼓橋は雨の後などはちょっと注意が必要かも。


木立の中には実時さんの胸像もある。
この辺りでは、毎年ゴールデンウィークの頃に薪能が行われ、風や木々のざわめきを感じながら、自然とひとつになったかのような感覚を味わうことが出来る。

DSC01746.jpg
実時さん。一応肖像画を参考にしたんだろう。


ちっちゃなトンネルを抜けると、神奈川県立金沢文庫。

今では鎌倉以来の貴重な文化財を保管するとともに、中世歴史博物館として様々に企画展などを行っている。

展示のボリュームも手ごろなので、ここまで来たらぜひ立ち寄っていただきたい。
現在は、特別展 「東大寺―鎌倉再建と華厳興隆―」を開催中です。
国宝・重文もタップリ見れますよ。


県立金沢文庫ホームページはこちら


NS
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/720-818384b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)