FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
続・あれから90年。
さて、関東大震災から90年を記念しての企画展。

わたしは無料の市立中央図書館から見学をスタート。
こちらの展示は、横浜市史資料室に寄贈された写真家・前川謙三のガラス乾板資料が中心になっている。

プロの、しかも手練れの写真家の手になる写真はさすがのクオリティ。
細部まで鮮明なその解像度の高さに驚かされる。

展示資料の中には、イーストマンコダックのガラス乾板のパッケージ、なんてのもあったが、
ロールフィルムがメディアの中心に取って代わる前、の時代なのだ。
ちなみに、日本では1935年あたりがその交代期に当たるらしい。

乾板のサイズは、写真のサイズとイコールであるので実にいろいろなサイズがあったわけだが、
そのほとんどがロールフィルムよりもはるかに大きい。

となると、そもそも高解像度が期待できるじゃん、ということか。

大震災が発生して、まずは強烈な揺れで建物が倒壊、この段で相当深刻な被害が出ていたところに、
火災が追い撃ちをかける。

倒壊を免れた建物も火にやられて、被害はますます拡大した。

その、火が出る前の写真。
木造の建物が、まさにペシャンコにつぶれ、その残骸が折り重なっている。
そこに倒れ掛かる電柱、切れて散乱した電線…

火が出た後の広角俯瞰。
市の中心部はまさに焼き尽くされている。

同じ角度から復興が進む様子も写されている。
看板の文字までクリア。リアルさが実感を高める。

1923年9月1日。
まさに横浜中心部は焼き払われたんだ、と圧倒的な現実が迫ってくる。

高島台から写した写真。
東海道線が走るのは今と変わらない。

けれど、第一京浜も第二京浜もない。
見慣れない道のルートをたどると、これは旧東海道なんだと気がついた。

横浜のあちらこちらを知っている人なら、いろいろな発見があると思う。

重ねてですが10月14日までの開催です。
横浜都市発展記念館、開港記念館の展示と合わせてぜひ。


市立中央図書館の会場入口。

DSC04969.jpg
こちらは都市発展記念館。


NS
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/700-a27347e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)