FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
携帯電話
職場の知り合いが携帯をなくした。自転車にぶつかって軽いけがをしたらしいが、
携帯電話をその場に落として気づかずに帰宅してしまったらしい。
幸いにも、最大のダメージが携帯をなくしてしまった事かも知れない。

一方で、昨日のこと。
母の姉妹4人が久し振りに集まったので、逢いに行って来た。
長姉が97才、母の直ぐ下の妹が4女で84才という化石のような4姉妹である。
そこで、携帯電話の話が出た。
今年の母の誕生日にプレゼントとして、楽々ホンを贈った私は、彼女たちの会話に耳を疑った。

彼女たちは、誇り高き大正の生まれ。
4人ともお嬢様のまま結婚し、専業主婦として戦中戦後を生き抜いた強者である。
彼女たちにとって、携帯は持つモノではなく持たされるモノ。
会話から聞こえてくるのは、
迷子ふだがわりだとか、行き先が割れてしまうだとか、保険証があるからとか、、、
さらに、便利さを享受することは悪に近い感覚、贅沢は敵なのである。

私の母も、“遂に持たされちゃった”んだって!
どうりで、使いこなすどころか、携帯を携帯せずに部屋に飾ってるし!

居所確認もできるし、何か逢ったときに便利だし、と自分勝手な理由でプレゼント
した私も思い上がっていたかもしれないが、、、どう思います?


mar,


ケータイのすすめ ~”らくらくホン”のある楽しい毎日、200選~ 新・らくらく本ケータイのすすめ ~”らくらくホン”のある楽しい毎日、200選~ 新・らくらく本
(2009/12/25)
らくらくホン販売1,500万台突破記念キャンペーン「わたしのらくらくホン利用術」大募集!事務局

商品詳細を見る


スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/69-d715ffaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)