FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
映画「パシフィック・リム」
テレビ画面が大きくなった昨今、それでも怪獣VS巨大ロボットの対決は、人の
大きさを超えるスクリーンにはかなわない。そこで映画「パシフィック・リム」
3Dの日本語吹き替え版を鑑賞した。

作品は、ゴジラ、ウルトラマン、マジンガーZ、エヴァンゲリヲン、日本映画の
エキスを集めて現在アメリカの最新SFXで描いたハリウッド大作。監督のギレ
ルモ・デルトロが日本の怪獣やアニメのヲタクというのがよくわかる。

ストーリーはシンプルで、地球人を殺すためにやって来た宇宙人が、くりだす
“KAIJU(怪獣)”を倒すため、巨大ロボットの『イェーガー』を造ってやっつ
けるというもの。

ストーリーにひねりが無いのがマイナスだけど、その分、バトルに集中できると
いうもの。ただ、バトル長すぎで少々飽きてしまった。

日本からは菊池凜子と芦田愛菜ちゃんが出演し、どうどうとハリウッドスターと
渡り合ってくれたのがうれしい。\(^o^)/

私は菊池凜子のファンである。
映画『バベル』で聾唖の女子高生を演じてアカデミー助演女優賞にノミネートされ、
押井守監督の「アサルトガールズ」では、カエルみたいな顔の“おかしな娘”と注目
していた。

だから、今回は映画そのもさることながら、凛子見たさに行ったようなもんだ。
ところが、私が観た日本語吹き替え版は、なぜか菊池凜子の声を林原めぐみが吹き
替えてた。超ガッカリ。Why~? アニメファンなら喜ぶ人は多いかもしれない
けど、私は納得いかない。...(ー"ー)゚゚

一方、愛菜ちゃんはセリフがなく、泣いて叫ぶだけの演技。でもサイコーでした。
泣きと叫びは「宇宙戦争」のダコタ・ファニングも「ポルターガイスト」のヘザー・
オルーク(古い)に負けてない。(笑)

 

  点数 75点

 

 ** 以下ネタばれあり **

 


ロボットのコックピットに入って操縦するのを、これほどみごとに実写化したのは
アッパレでしょ。足の動きに連動してクランク・シャフトが動き、ドシン、ドシンと
重量感ある足音とともに歩き出すのは拍手。でも、体力使いそう。(^_^;)

減点の大分部分は、“敵に魅力がない”ってこと!
ゴジラを代表する日本の怪獣映画やウルトラシリーズの魅力は、ヒーローとともに怪獣
の魅力でもある。本作品は怪獣のデザインがなってない。以前公開されたハリウッド版
ゴジラでもリアルな爬虫類で、怪獣そのものに魅力的なデザインが施されてないのが
残念だ。これは日本人と欧米人の文化の違いなのだろうか。やっつけられる怪獣側に
特別な感情を入れないのが“あちら風”なのかもしれない。怪獣だけでなく宇宙人にも
魅力がないしね。敵に魅力があればもっと面白くなったろうに、それが残念でならない。

それと、音楽。
ヒーローものはテーマ曲だよ。せっかく『エルボーロケット』を出すんだから、記憶に
残るテーマ曲が欲しかったね。怪獣出現のテーマとか、ちゃんと聞けば、それなりの
曲なんだろうけど耳に残る旋律ではなかった。あくまでもBGMという感じだった。
それも減点。

ところで、あの“赤い靴”は何? ・・意味わかんない。

最初、ベタだけどイイ小道具出してきたなと期待したけど、オチが 『えっ?』。
結局あの靴、誰がどうしてどうなったのか。私なんか、ひょっとして黒人の司令官は、
凛子の父なの? なんて余計な想像しちゃったよ。納得いかねーな。(笑)
詰めが甘いぞデルトロさん。

最後に、映画「ヘルボーイ」に出ていた“怪獣屋”のロンパールマン。 
あのオッサン個性強すぎ。インパクトありすぎて怪獣の印象が消えちゃうよ。と思っ
たら、エンドタイトルで再登場に拍手。~(^◇^)

ダメだダメだと言いながら、結構~ 楽しめた。
日光~、結構~、大和観光。(懐かCM)

きしょう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/686-9a7649c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)