FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
インド映画 「きっと・うまくいく」
久しぶりに劇場で映画を観た。
それは、インド映画の「きっと・うまくいく」。

この映画、ミニシアター系なのに人気が高く、映画の口コミサイトを見ると、
点数がずば抜けて高い。

原題は「3人のバカ」。
そういえば昔、3バカ大将っていう海外ドラマがあったな。(古っ)
邦題の「きっと、うまくいく」は物語で呪文のように使われる『Aal Izz Well』
(アール・イーズ・ウェル)を訳したもの。映画を観る前は「きっと、うまくいく」と
いうタイトルに違和感あったけど、観終わったら「3人のバカ」より断然いい。

名門工科大学に入学した個性的な生徒がいた。動物写真好きのファランと神頼み
のラージュー、そして天才肌のランチョーの3人組。この3人がおりなす学園生活
と友情の物語。現代インドの社会問題とされている、貧富の格差、受験戦争、学歴
社会、自殺問題を風刺している。深く考える映画ではなく、物語りや音楽、出演者の
演技に一喜一憂しながら一緒にのりながら楽しむ映画だ。

この映画、2時間50分の超大作(インド映画って長いんだ)だけど、全然、退屈
しなくて、長さを感じなかった。

途中の“下品”なところは好みじゃないけど、それ以外は楽しくて満足ゆくものだっ
た。『Aal Izz Well』(アール・イーズ・ウェル)、きっと、うまくいく。
前向きな力を与えてくて、映画館からの帰り道にスキップしたくなる気持ちにさせ
られた。

 

  点数 80点

 

  **以下、ネタばれあり**

 

 

 

一つ一つのエピソードはどこかで見たことのある展開ではあるが、話しの
“伏線”がうまく効いてて、映画が終わるころにはそれが全部解決されて気持
すっきり。小道具の使い方もうまくて感心させられる。

観終わってみると、オープニングでファランが・・・、
航空機に乗ってるにもかかわらず親友のランチョーが帰ってくると携帯で知って、
仮病してまで降り帰った心境が納得できた。

私は「ムトゥ踊るマハラジャ」(1998年日本公開)にハマったので、歌と踊りを
もっと欲しかった。特に大団円となったエンディングは、子どもたちと一緒に
出演者全員で踊ってほしい。そしたら満足度はもっと上がったに違いない。

あと、本音を言うと、ヒロインの女性が・・、小林幸子に似てて私好みではなかっ
たのが残念。

きしょう

3 Idiots [DVD] [Import]3 Idiots [DVD] [Import]
()
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/650-ce1d28d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)