FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
ソニーさんか?いや賛歌。
中学生になって、ラジカセを手に入れて、ラジオを聴く時間がぐっと増えた。

はじめはもっぱらAM。
ロイ・ジェームス司会の不二家歌謡ベストテンのおかげで、主に音楽番組を聴くようになった。

そのうち、FMの方が音がいい、と思うようになった。
今につながるオーディオ好きは、このころが起源だったんだと思う。

ほどなく、FMを、もっといい音で聴きたい、と思うようになる。

自分の持っているラジカセより、大きなスピーカを積んだやつ、パワーのあるアンプを積んだやつ、
いや、ステレオタイプ。

メカにも興味があるので、早速カタログを手に入れて、あれこれ妄想にふけった。
中坊のころなど(いや、高校のころも大して変わらなかったが)新しいラジカセを買うなど至難の技、増してステレオなんぞ夢のまた夢。

でも夢を見ることはできる。

ナショナル、東芝、パイオニア、三洋、アイワ。
いくたあるメーカーの中で、わたしのこころをつかんだのはソニーだった。

シンプルながら、メタリックでちょっと冷たい感じのするデザイン。
何よりも、そこに惹かれた。
ほかとは確かに違う、そう感じたのだ。

それ以来、三十有余年、ソニーのシンパを続けてきた。
盲目的崇拝、ではないから、コノヤローと腹を立てたこともある。

けれど、自分の周りを見渡せば、VAIOにXperia、Walkmanを皮切りに、テレビはBravia、Nasneもあるし…といった具合。

10年来の株主なのも、ソニーを応援するが故…というのは、3分本当だが、大半は儲け目当てです。
欲の皮を突っ張らかしたばかりに売り時を見誤り、今や売ろうにも売れず。
毎年、いくばくかの配当金がせめてもの慰め、という按配。

そんな不良株主だが、これまで、株主総会に出てみようという発想が一切なかった。
それが今年、どういう風の吹き回しか「ちょっと行ってみよう」となって、小雨の中、グランドプリンスホテル高輪に足を運んだ。

10時開始、とあって「ま、10分前までに行けばいいだろう」と安易に考えていたが、第1会場をあぶれると第2、第3会場にご案内、となるという。せっかく行って経営陣をナマで見れないのはつまらない。45分前に会場に入り、セーフ。

周りに目をやると、やはりリタイヤされた方々の姿が目につくが、それでもポツポツと、会社を休んできたのか、という世代もいる。

ヒットした高級コンデジDSC-RX1を、ひとりの男性がテーブルの上で組み立てる、イメージビデオが流れる中、経営陣が登壇し総会が始まった。

議長は社長 兼 CEOの平井 一夫氏。
52歳、世界のソニーの若きリーダーである。

何と言ったって、わたしがここに来たのは「ソニーがどこへ向かおうとしているのか」それをトップ自らの言葉で聞くためだ。

映画や音楽といったエンターテイメント、金融はともかく、最も気になるのはやっぱりエレキ。
その3本柱は「モバイル」「デジタルイメージング」「ゲーム」であるという。

うむ、さらに強力なXperiaやNEXの登場に期待してもいいかもしれん。

社長の口にしたワードの中で「機能価値」「感性価値」という2つのことばが印象に残った。
恥ずかしながらわたしとは初対面のことばだったので、文脈から勝手に解釈したのだが、
価値を満足に置き換えるとしっくりくるような。

つまり、製品の機能に満足する=機能価値がある、製品に感動する=感性価値がある、という理解。

機能価値、これはあって当たり前。
じゃあ、それを使って感動するか。
「いやーまいった」あるいは「ホント、これ、いいな」とこころが動かされるのか。

デザインの良さ、質感の高さ、これはわかり易い。

アイデアや発想力、想像力が必要なもの、その製品を使って驚かされるような何か。
…例を挙げるのも難しい。

ソニーの持つ技術力を結集するのは大いにお願いするとして、感性価値を実現するためのアプローチにはまだまだ、ひと工夫、ふた工夫が必要なのかもしれない。

でも感性価値こそが、皆がソニーに期待しているものであるはずだ。

女性株主から「イケメン」と言われて、照れ笑いをうかべた平井社長。
ちょっと大げさだが、そんなところに人間臭さを垣間見た気がして、好感をもった。

こういうフレーズは本来好きじゃないんだが、社長を先頭に一丸となって「真面目なる技術者の技能を、最高度に発揮せしむべき自由闊達にして愉快なる理想工場」を目指してほしい。

そうなれば、いつか、株を売れる日も来るだろう。
その時、売るのは惜しい、と思わせてくれるくらいだと尚可。


会場入口。中は撮影禁止でした。

DSC00819.jpg
お土産の一部。これはスマホなどの画面クリーナーとペンのセット。他にはロブションの焼き菓子など。


総会の模様を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


SN
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/643-3935976f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)