FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
「のぼう」を訪ねて。(7)
高源寺の次は、(のぼう側から見ると)敵将石田三成(豊臣勢の総大将)の本陣跡を訪ねてみよう。

ここは今までよりちょっと距離があって、自転車がなかったらキツかったかもしれない。
場所は「さきたま古墳公園」の中。
9基(って数えるんですね)もの大型古墳が集中していて、中には仁徳天皇陵でお馴染み?の前方後円墳も。

広い。実に広い。
芝と草原の広がりの中に古墳が点在、何とも気分は爽快だ。


自転車で移動するのがちょうどいいくらい。

DSC02160.jpg
中央が前方後円墳。


墓地で気分爽快になっていいものか、と思うが、古墳ほどに古いと(しかも自然とほぼ一体化しているし)気になっている人はいないだろう。

さて、三成の本陣跡は、というと、公園を中ほどまで入って、細い道の奥にこんもりとした小山が見える。この小山がそもそも円形の古墳。

小山に続く細い道こそ、三成が忍城水攻めのために作らせた堤、通称石田堤の跡。
わたしたちは、かつての堤のてっぺんを歩いているのだ。
最初の方にも触れたが、行田、見渡す限り真っ平らである。
本陣を置くのに、ここしかなかったろうと思う。

DSC02143.jpg
これが石田堤の跡だ。

DSC02148.jpg
まさにお椀を伏せたような円墳。

DSC02153.jpg
上がってみると、ここも円い。


小山、もとい円墳に上ってみる。
どうしてどうして、大した眺めじゃないか。

思いのほか遠くまで視線が届き、なるほど本陣を構えたのもむべなるかな。
忍城の復元天守はどこ?と三成になった気分でキョロキョロしていると…

あったあった。

DSC02155.jpg
わかりますか?

DSC02155のコピー
赤い円の中が忍城復元天守。


黄色いクレーンから左に視線を移していくと、天守がちっちゃく見えるじゃないか。
やはり、ここに本陣を構えたのもむべなるかな。

視界に忍城をとらえながら、しばし三成気分に浸っていたのであった。


NS
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/631-01cc9007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)