FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
会田誠は大バカ天才!』
今、六本木の森美術館で行われている「会田誠展 天才でごめんなさい」を観た。

aida1.jpg

会田作品は日本古来の美術史の延長にあり、同時に現代を映す鏡だと思います。
一見、おバカアートのように見えるけど、政治や歴史的に鋭い批評性を含んでいる。

新宿ホームレスの段ボールが撤去されれば作品を作り、9.11のニューヨークでのテロを
観て、3.11の原発事故を見て、彼はすぐ作品を作る。現代美術作家(近年)はデザイン系
の作家(村上隆、奈良良智など)が多い中、“表現するアーティスト”として日本のアー
ト界のトップにいる存在だと思う。

ただ、アニメや女子高生、エログロナンセンスをモチーフにした卑猥な作品が多いので、
当然、嫌いな人も多い。特に古い価値観で美術をくくる人は嫌悪感を持つに違いない。
でも、それが現代なんです。会田の持つ稚拙性も多義性も現代日本の縮図なんだから。

私は2001年の横浜トリエンナーレに会田作品を見たさに出かけたほどのファンで、
彼の5,000円する画集も持ってます。 ←ちょっち自慢?
2007年の上野展で大作を観て満足し、それで充分かと思ってたけど、あにはからんや、
森美術館に行って驚き、そのスケールの大きさはハンパないっス。←ムリに若者言葉を遣おうとしている

後にも先にも、これ以上の規模の個展はないでしょう。←断言
これを見ておけば、もう、会田誠の展覧会は一生見なくてもいいというくらいのもの。
大袈裟だけど、そのくらいの覚悟が必要だ。 

会場には18禁コーナーがあるが、うっかりすると気付かなくて通り過ぎてしまうの
で要注意。紫色のビニールの暖簾(のれん)が目印です。

ここには彼が世に出るきっかけとなった「巨大フジ隊員vsキングギドラ」がある。
これは葛飾北斎の「蛸と海女」をモチーフにした作品で、我々世代の細胞の源、ウルトラ
マンと東宝怪獣をモチーフにし、しかも巨大セルにアニメ塗りで描かれている。
会田作品の多くは、東山魁夷、俵屋宗達、琳派等などの古典作品がベースにあるのも
特徴である。

  *  *  *

現代美術は一般的に第二次世界大戦後という考えがあるが、社会の急変、急速な成長、
資本主義社会からレディーメイド(この言葉懐かしい)人々の生活の急変がある。
日本においては偶然、昭和と平成で時代が分けられるので、そろそろ過去の作品と区別して
もいいのではないだろうか。1960年生まれから現代までを“現代美術”とし、それ以前
の戦後から昭和のは“準現代”とか。レンタルビデオ店で“新作”と“準新作”と分ける
ように。もう、ひとくくりにできないでしょ。

会田誠展は、美術を勉強している若い世代にぜひ見てほしい。
そして脳天をかち割られて血を吐き出して倒れればイイ。その価値はあると思う。

美術を勉強する人には必須科目でしょ。 行くべし

うーん、あまりにも好きすぎて考えがまとまらない。

aida2.jpg
会田 誠《考えない人》
photo_02.gif
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

上の写真「おにぎり仮面」は嫌いだけど、唯一、写真撮影がゆるされていたので
仕方なく撮影した。会田自身はこのキャラクターをもっと売り出したいと思っているそうだ。


「会田誠展 天才でごめんなさい」
2012年11月17日(土)-2013年3月31日(日)
六本木、森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
http://www.mori.art.museum/contents/aidamakoto_main/index.html

きしょう
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/548-f46ade87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)