FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
鎌倉よいとこ。
わたしの実家は横浜市の南端・金沢区は六浦。
まだ実家にいてクルマがあった頃は、休日の午前中クルマのメンテを兼ねて鎌倉まで走る、なんてことは度々だった。

六浦から鎌倉まではほぼ10キロ。
空いていればあっという間、多少混んでいてもそれほどストレスを感じずに済む距離だ。

そして現在。
以前ほど近い所に住んでいるわけではないが、依然として鎌倉は足の向いてしまう街、なんである。

「古都」という点から京都との共通点を語られることもしばしば。
かつて政治の中心地だったこと、寺社仏閣をはじめとする史跡が多いこと。
そして「異様」と思えるほど、オッと興味を惹かれる飲食店が多いこと。
うん、確かに似ている。

そんな鎌倉にまた行ってきました。
横浜でランチを済ませてスカ線に乗り、鎌倉駅に着いたのが14時半。
駅前は相当な人で溢れ返っている。
今ですらこのありさまなのに、世界遺産なんぞになったらどうなるのだろうか?

どこに行くとも決めずにいたが、とりあえず小町通りへ足が向いた。
人をかき分け(というほどでもなかったが)進み、そうだ、入ったことのない鏑木清方美術館へ行こう、と思い立つ。

歩いていると、美術館の割引券を配っていた。
天の配剤?お誂え向きじゃないか。

適当なところで曲がるが、1本手前だったらしい。
なんのなんの、まったく構わない。
歩くはずのなかった道を歩いて却ってラッキーだ。

本当にこの道で大丈夫か、と訝しみながら、それでも美術館に到着。
現在「清方のまなざし 夏の美人展」を8月26日まで開催中とある。

鏑木清方美術館
入口も実にさりげない。


展示のボリュームはささやかなもので、ゆっくり観ても30分くらいか。
その後は庭を眺めたり、映像で清方の作品や人生に触れたり、のんびり。

にぎやかな小町通りのすぐ近くなのに、まったく別の時間が流れている場所。
150円(割引価格です)でこれが味わえるなんてステキ、だと思いませんか。

旧和辻哲郎邸
すぐ近くに川喜多映画記念館・その庭には旧和辻哲郎邸がある。今度はここに行ってみるつもり。


NS


スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/432-5794c3ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)