FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
閑話球題。
週明けで余裕がないので、平泉シリーズはちょっとお休み。
iPhoneの写真ライブラリを見ていたら、我ながらお気に入りの1枚が目についたのでご紹介。

この春のセンバツ、初日の第3試合花巻東-大阪桐蔭戦で力投する花巻のエース・大谷投手の右手からまさにボールが放たれた瞬間、である。

ゲームは最終的に優勝することになる大阪桐蔭が中盤以降に逆転、意外な大差を持って勝利するのだが、序盤の大谷投手のピッチングは見事だった。

…と言うか、球威があるうちは抑えられた、というのが正解だろう。

ピッチングのみならず、パワフルなスイングでスタンドにたたき込んだバッティングの方に、わたしなんざ却って興奮させられたもんだ。

高校野球にもプロ顔負けのプレイがある。
でもレベルという点からすればもちろんプロフェッショナルに軍配が上がる。

そして、毎朝BSで目にするメジャーの世界がある。
レンジャースのハミルトンのバッティングや、ヤンキース・サバシアのピッチングを見なよ。
どこまで上があるんだ、って感に打たれるから。

プロ野球選手会よ、統一球見直し、気持ちはわからんでもないが、どうぞそんなケチなことを言わんで欲しい。

世界を相手にしようじゃないか。
ハミルトンやサバシアに一泡も二泡も吹かせてやろうじゃないか。
そんなサムライが次々に出現することをこそ、日本の野球ファンは願っている、よね他のファンたち?

甲子園にて
このボールも150キロを超えたろうか。


NS
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/390-39143569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)