FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
「サラの鍵」
去年の12月に公開されたフランスの映画「サラの鍵」を観た。

主人公は、クリスティン スコット トーマス。仕事でもキャリアを極めつつある45才の美しい女性が、

自分が偶然住むようになったアパートに纏わる過去を掘り起こしていくストーリー。

第二次世界大戦中のパリで、ユダヤ人が捕らえられ、やがて殺されていく。

華やかなパリにも、今まで余り語られなかった戦争中の負の部分が存在し、歴史の都パリは、

当然その記憶を人々の心の中に、そして現存する建物の中に宿している。

この事をジャーナリストとして追求して行くうちにのめり込み、個人の尊厳と真実との折り合いに悩む。

自分自身の年齢的な葛藤を織り交ぜて描かれる世界は甘くない。

それぞれの展開は私の想像を超える物で、どんどん物語の世界に引き込まれて行った。

最後は不覚にも泣かされた。


それほど遠くない戦争という過去、人々が経験した様々な極限的な出来事、

そのひとつひとつに感情移入できる年齢に私も達したっていうことかな。

久し振りにいい映画だった。


mar.


Sarah's Key SoundtrackSarah's Key Soundtrack
(2011/08/09)
Max Richter

商品詳細を見る



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/310-f6bfb4c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)