FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
南極の氷は白かった!
月曜日、クール便が会社に届いた。

nank1.jpg

中身は、南極の氷!!!

興奮しつつ、馴染みのバーに持っていき、この氷でお酒を味わうことにした。

南極大陸の氷は、雪が降り積もって固まったものなので、氷の間に空気が入ったま
ま圧縮されている。そのため、空気は気泡となって氷の中に閉じ込められるのだ。

冷蔵庫の氷と比べてみるとわかるけど、人工で作った氷は透き通っているが、写真の
ように南極の氷は気泡が入っているため白く見える。

nank2.jpg

さて、ふたつに分けてもらうためバーテンダーにアイスピックで割ってもらった。

バーテンダーが言うには、普通の氷だと目があって、ある程度削っていくとパカッと
割れるらしいが、南極の氷には目がないのでなかなか割れないそうだ。

nank4.jpg

欠けたピースを光に透かしてみると、ブツブツと細かい気泡が入っているのがわかる。

この氷は約3万年前の層からから採られたものらしい。となると、この気泡は約3万
年前の地球の空気と言うことになる。

南極の氷で飲むウィスキーはおいしいと聞いたことがあるので、さっそく試してみた。
私は薬臭い(クセのある)ウィスキーが苦手なので、口当たりのいいものを注文した。

nank3.jpg

そこで出てきたのはオールドパー。
南極の氷には水道水と違って塩素や不純物が入ってないため、素直でくせのないオー
ルドパーを味わうのにピッタリだそうだ。

オールドパーは明治時代に西洋視察に行った岩倉具視が、その土産として日本に持ち
込んだ由緒あるスコッチらしい。吉田茂が好んで飲んでいたとか、田中角栄が糖尿病に
なってから日本酒をやめてオールドパーにしたとか・・・。バーテンダーの蘊蓄に耳を傾け
ながら味わった。

nank7.jpg

南極の氷は溶けるときにプチプチと小さな音がする。

それは氷の中に入っている気泡が割れる音で、
まるで閉じこめられていた太古の空気が生き返る時の産声のように感じた。

nank5.jpg

2杯目はバルヴィニー(BALVENIE)。
モルトを代表するモルトの一つ。

これもいやな臭みはなく、スッキリとしてキレがいい。
ただ47.8度とアルコールが強いので飲むとガツンときた。


こうして、氷が溶けるまでの少しの時間だったが、美味しい酒を飲むことができた。

大陸の貴重な氷をいただいたことで、この地球の大きさと永い歴史を堪能すること
ができた。

  ・・・地球に感謝。


きしょう

1/350 南極観測船 宗谷 第3次南極観測隊1/350 南極観測船 宗谷 第3次南極観測隊
(2007/06/03)
ハセガワ

商品詳細を見る

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/160-65c600ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)