FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
さくら、さくら。
土曜日は雨交じりのものすごい風、これは桜も危うい、愛でずして早散るか、と心配していたのも杞憂で済んだ。

昼過ぎから桜行脚に出かけてみると、まずは戸部近くの石崎川沿いに満開の桜。
橋の上にはカメラマンたちが並んで、鉄橋を渡る赤い京急電車と桜のツーショットを狙っていた。

お次は掃部山に上がってみる。
井伊直弼公が見下ろす公園内では、老若男女が花見の真っ最中。
いつもの春、の光景がそこにあって、こんな時期だからこそホッとする。

お山伝いに野毛山にも行ってみた。
いつしかキレイに整備された公園には、こちらも大勢の人で楽しげだ。
近代水道の整備に尽力されたミスター・パーマーが、静かに見守っている。


さすがに歩きづめでは腹も空く。
山を下りると日ノ出町駅前。中華を食べてしばし休憩。


チャーハンと麻婆豆腐のおかげで元気を取り戻したら、大岡川沿いを歩いてみよう。
うむ、こちらも例年の通り。
川の両側では人が、水面には船が、ひっきりなしに行き交う。

ここでの主役はやっぱり船。
プレジャーボートではちと味気ないが、屋形船なんぞが来ると、桜の花道を行く、千両役者の感がある。

大岡川にて
屋形船がゆく、の図

大岡川にて03
川岸からすれ違いざまに


桜は人を元気にする。何となく気持ちが高揚する。
まだまだ続く大岡川と別れて、黄金町の駅前で左折、横浜橋を抜けて再びお山。

根岸の森林公園にたどり着く頃には日も傾き掛け、
桜からもらった元気も底をつきかけ…
それでも花見の皆様は、依然お元気でありました。

根岸森林公園にて
森林公園にて

また来年も、その次の年も、そしていつまでも。
今年のような桜でありますように。


NS
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/138-04de7b29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)