FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
『福島の原子力』
福島の原子力タイトル

大地震の翌週から「福島の原子力」の映像使用の問い合わせが多く寄せられている。
直ぐに提供したが、実際に使われた映像は当初の予定よりは少ない。
予想をはるかに超えた展開と対策に、報道現場も追われているというのが実状だろう。
しかし、直接番組に使われてはいなくても、番組制作のスタッフの勉強用には的確な情報が盛り込まれている。
もちろん、1985年制作時の情報であるが、私自身ニュースで流れる原子力発電所の説明で理解し難かっ
た内容をこの作品は補完してくれた。

福島の原子力3
鋼鉄製の格納容器の厚さは16センチ、それをつつむコンクリートは材料による膨張率の差を考えて
5センチの隙間を空けて2メートルの厚さで造られている。
さらに周辺の防波堤は1万個のテトラブロックで守られている。
充分な見識と災害への準備が成されていたと考えられるが、自然の力は人間の経験と英知を
遙かに越えてしまったということか。

現場で働く人々の放射能対策は万全で、汚染の測定や作業服のクリーニングなど、細かく管理されている。
こんな現場教育を受けた人々は、その放射能の恐ろしさを充分理解しているであろう。
そして現場を支える家族もまたその恐ろしさを知っている。
どうかこの難局を乗り越える日が一日でも早く訪れるように、と祈るばかりです。



被災地に向けて何ができるのか、どんな言葉を送ったらいいのか考えても答えが見つからない。

科学映像館サイトでこの作品を観ることができます。

mar.
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/125-245c63a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)