プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
アートなNEWスポット。
すみだ北斎美術館。
昨年の11月にオープンしたばかりの新たなアートスポットだ。

90年に及ぶ生涯の多くをこの地、墨田で過ごしたという北斎。
そのゆかりの地に建つのが、北斎、浮世絵、というキーワードの対局?にありそうな現代建築、というのが面白い。

美術館は緑町公園の一角にあって、光を受けて輝くアルミパネルの前では子供たちが遊んでいる。
この光景、何だかいい。


桜が咲いていたら最高の画になったのに。


常設展と企画展の2本立てなんだが、ケチって常設展だけを観た片手落ちの感想としては、展示ボリュームは大きくない。
何かのついでに立ち寄っても、そう時間を取られずに楽しむことが出来そうだ。

さらにこの立地、歴史好きならなかなか立ち去れそうもない、と言うのも史跡が正にウジャウジャあるからだ。
江戸東京博物館や復興記念館、なんて大物もあるが、勝海舟の生家跡や忠臣蔵でご存じ、吉良邸跡なんてのも。

IMG_7624.jpg
本所松坂町公園。


特に後者は、上野介の首を洗ったといわれる井戸などが残る本所松坂町公園を中心として、周辺の街区に表門跡と裏門跡が残る。これは是非とも3個所とも回って欲しい。かつての屋敷の広大さがよくわかるから。

IMG_7628.jpg
似ているのかどうか、上野介の像。

ほかにも、芥川が通った(だったか?)小学校の一角にはこれまた場と不釣り合いの錆びた碇が二つ。
これは何か?と説明板を読むと、日露戦争に参加した駆逐艦不知火の碇、とあるではないか。

何でも、艦の解体作業を手掛けた業者から寄贈されたそうだが、こういうのに関心のある身としては、ちょっと興奮する。
唐突だが、碇つながりではみなとみらいに、陸軍が建造したタンカー兼護衛空母?山汐丸の碇、というのがある。
こういうのが好きな人はぜひ見にいってほしい。

IMG_7635.jpg
いつまでも残して欲しいものだ。


NS
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/1199-aa92c41a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)