FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
再会、カブトムシ。
昨年10月、高崎での鉄道イベントに足を運んだのは、ひとえに唯一残った戦前製の電機・EF55を観るためだった。
その後、EF55は鉄道博物館に保管展示となり、このたび約1年ぶりの再会とあいなった。

以前はC57のポジションだったターンテーブルの中央に陣取り、まさに主役級の扱い。わたし的には、ま、当然、という感なのだが。

それにしても、鼻先すぐまで近づけるのはスゴイ。
高崎ではロープを張られて近づけず、10メートルくらい遠くから写真を撮ったっけ。それも正面だけ。

今度は横でも後ろでも、2階に上がれば上もじっくり観ることが出来る。


日に2回ほど、ターンテーブルの回転イベントがある。


特に(個人的に)見応えがあるのが、後ろ。
EF55は流線型が世間を風靡した時代の申し子だから、電機のくせに前後非対称のスタイルをしている。

じゃ、運転台は片方だけ?というとそんなことはなく、スパッと切り落とされた後部にも、簡易ではあるが運転台がある。回送の時など、これが役に立つわけだ。

ふだんはなかなか目に触れないその簡易運転台もしかと観察。
小さいながらデッキまである。
往時には、ここに旗を持った構内作業員が乗っていたのだろう。

IMG_2115.jpg
わかりづらいが、手持ちランプを思わせるテールランプの造型など、クラシカルでいい。


さて、久しぶりのてっぱく訪問で、耳寄りなニュースをゲット。
2017年秋、新館がオープンし、展示総面積は現在の1.5倍とパワーアップする由。2年、とちょっと先ではあるが次に来るのはその時!と決定。

それでは2年後、お目にかかりましょう。

IMG_2096.jpg
戦後の電機も見応え十分です。


NS
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/1087-1d0a87f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)