FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
フランス・セダン紀行(その8)「セダン城」
しばらく書いてなかったフランス紀行。

国際幻想芸術CIMERIA展の本番当日。(10/18)
オープニングパーティーは午後5時からなので、それまでの間、時間がある
のでセダン城を見学した。

fra81.jpg

ここにはセダン城の歴史博物館が併設されていて、城内をめぐることが出来る。
中庭に面した入口でチケットを買い、狭い石段を下へ下へ降りていく。

fra82.jpg

やがて ぽっかりと空間が空いていた。
ガイドの案内も看板もフランス語と英語で書かれているため説明は何にも
わからなかった。自分なりに想像しながら順路を歩いて行く。

fra83.jpg

地下にはこうした幽閉した牢獄もあるようで背筋がゾクゾクする。
当然、死人もいたろうから魂がさまよっているかもしれない。何枚か写真を撮っ
たけど、残念ながら何も起こらなかった。

fra84.jpg

部屋と部屋をつなぐトンネルは狭くて天井が低い。

fra85.jpg

ところどころに実物大の蝋人形が立っている。上の写真は、見張り番の
兵士の休憩室。ここで簡単な食事をしたり暖をとりながら話していたようだ。

fra86.jpg

城の要所に鉄の大砲が残っている。
fra87.jpg

塔にのぼると町が一望できる。
石造りの町と芝の緑のコントラストが良い。
この日は特別天気が良くて遠くの山まで見えた。ラッキー

fra88.jpg

セダンには近代的なビルはほとんどなく、中世から続く街並みを今も残し
ている。真中のふたつの塔は、町唯一の教会である。

つづく

きしょう
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/1011-4bcee5ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)