FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
『お悔やみ申し上げます』
思えば昨年の暮れから、知り合いから有名人、いろいろな人が亡くなられた。

■脚本家の白坂依志夫さん

映画「巨人と玩具」「曽根崎心中」などの脚本家、白坂依志夫さんが1月2日、
肺炎で亡くなられた。正直、そんなに有名な方ではないけれど、私は学生の
頃、「巨人と玩具」「青空娘」の増村保造監督作品にはまり、リズミカルな
セリフ回しと哲学や思想がセリフに盛り込まれて感銘を受け、この脚本は
誰だろうと探して白坂先生の名を知ったのだ。しかも、当時、弟子になりたい
とまで思っていたのである。

白坂先生はロシア文学者から脚本家になった経緯があり、セリフまわしに
インテリジェンスを感じるのはそのためである。それは東宝のお姐ちゃんシリー
ズというB級作品であっても同じで、他のシリーズ作品と比べると異彩を放っ
ている。

私が好きな作品は上記の他に「野獣死すべし」「動脈列島」「黄金の犬」、
さらに市川崑の「東京オリンピック」も、そして、テレビドラマ「マンモスタワー」
(芸術祭奨励賞)である。

実は5、6年前に一緒に仕事をしたフリーの映画監督が先生をご存知で、
本人を紹介してくれる約束をしたことがあった。がしかし、その監督が多忙な
ためその話はいつの間にか流れてしまったのだ。残念


■SF小説の巨匠・平井和正さん

「ウルフガイ」シリーズ、「幻魔大戦」など、SF小説の巨匠、平井和正さんが
1月17日に亡くなられた。

私は高校生の頃だったろうか?作品にハマって、いつかこの小説を自分が
監督になって映画化しようと思っていた。

アニメになった“8マン”の原作やアニメシリーズの脚本。そして小説は「ゾンビ―
・ハンター(死霊狩り)」が大好きで、このご時世、今からでも遅くない。
誰か原作通りのリアルなゾンビ作品を作ってほしい。あと「狼の紋章」、
「アンドロイドお雪」なんて懐かしい。


■横浜ベイスターズ元球団社長、加地隆雄さん

横浜ベイスターズの元球団社長、加地さんが1月13日に亡くなられた。
1960年に電通に入社、ドラマ制作会社の代表取締役をして人気時代劇「水戸
黄門」の制作に携わったそうだ。2009年に球団社長に就任し、年末に
TVKのベイスターズ生番組に飛び入り参加したり、持ち前の明るさと人懐っこさ
から、ファンから“加地さん”と名前で呼ばれ、球団とファンの距離を近づけた。

ペナントレースの最終戦の挨拶で、「このような成績で申し訳ない」と社長自らが
マウンドに出て謝ったのは、球団の歴史で初めてのことだった。おそらく他の
球団でもないだろう。

みなさん お悔やみ申し上げます。

きしょう
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://eikura2010.blog135.fc2.com/tb.php/1008-85a8385c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)