プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
『ウルトラQの誕生』

 『ウルトラQ』は特撮テレビ番組としてのエポックメイキングな作品であり。
幼稚園の頃、リアルタイムで見た番組で、怪獣という架空の生物が持つ
得体の知れない魅力にとりつかれたひとりである。

幼稚園のお絵かきの時間には怪獣の絵ばかりを描いていた。キリスト系の
幼稚園だったためか、先生から奇異な目で見られていた。(そんな記憶がある)

私が今、幻想アートをしているのも映像の仕事をしているのも、子どもの頃に
見たこの『ウルトラQ』の影響だと思う。

その『ウルトラQ』が、どのうにして誕生し制作されたかを綴ったドキュメンタリー本
が出版された。

urutoraq.jpg

著者の白石は私の友人であり、過去にも特撮シリーズ本を書いている。
友人だからというわけではないが、彼の文章はリズミカルで読んでいて子気味イイ。
まるで講談でも聞いているかのようだ。

過去に出版された著書を参考に、彼自身がインタビューした内容を組み合わせ、
時間軸に沿ってジクソーパズルを組み合わせるようにウルトラシリーズのビック
バン(誕生)の背景を解明している。

本文は上下2段の紙面構成になっていて、下段に分かれた補足説明で本文の
流れが途切れないのがいい。その補足に彼らしさものぞかれる。

例えば、シナリオライターの上原正三の紹介では、祖師ヶ谷大蔵の焼き鳥屋
の話になり、「筆者もここの焼き鳥は大好物で、特にシロ、ニンニクダレのレバー
焼きは絶品」とあったり、

バルンガのエンディングのナレーションでは、「本放送を見た翌日、故郷の秋田県
湯沢市は晴れだった。その朝の私は太陽を見ないよう、うつむいたまま幼稚園
に走った」とある。

本文を綴る沈着冷静な目と、補足の自身の体験がほどに加味されて、楽しい
著となっている。

 『ウルトラQの誕生』(双葉社)  著 白石雅彦

きしょう
スポンサーサイト
新サンダーバード、F.A.Bの意味
NHKで「サンダーバード・ARE GO」という特撮ドラマの新シリーズが
はじまった。これは旧作の50周年記念として作られたリメイク番組で
ある。

それを見ていて気になることがあった。

それはサンダーバードの隊員たちが通信の最後に必ず言う
 “F.A.B(エフ・エー・ビー)”という言葉だ。

話の流れからして『了解』という意味だと思うが、何の略か知りたくなって
ネットで調べたが、はっきりした回答が見つからない。多いのは『Fabulous』で、
イカす、素晴らしいを略したものという説だった。

・・・うーん、納得できない。

だって通信の最後にいちいち「イカす!」とか「素晴らしい」なんて変だもの。

諦めかけたら、ひとつ納得できる回答を見つけた。
それは「世界を救うほどではないけど」というニュースブログの記事だった。

“F.A.B”は第二次世界大戦中に通信兵が通信終了時に使っていた言葉
ということだ。『Fully Acknowledged Broadcast』の略で、直訳すると、
通信を完全に承認したということで、いわゆる『了解』という意味である。

納得でしょ。

  *     *     *

さて、 「サンダーバード・ARE GO」は、オリジナル版の味を損ねることなく
作られているのに気に入った。登場人物は人間というよりも、旧作のマペッ
ト人形のようで、CGアニメの人間にある違和感(私だけだろうか)は感じられ
ない。

また、サンダーバードの魅力の一つであるメカに乗って発進する場面も、
自分がマシンに乗り込むような視点で細かく描かれているし、発進もカッコイイ。

ハイテクを駆使しているのに、2号に乗り込むバージルが最後にハッチを両手
で閉めたり(手動ってこと)、1号がプールから飛び上がる度にプールサイドの
ビーチチェアが風圧で飛ばされたりして、「おいおい、毎回飛ばされてたらボロ
ボロになっちゃうぞ」なんてツッ込みたくなるようなユーモアもある。

惜しまれるのはペネロープが現代風の美人になったために、顔に特徴がなくて
魅力に欠けることだ。旧作のファンは一度試しに見てください。

 「サンダーバード・ARE GO」
http://www9.nhk.or.jp/anime/tag/

きしょう
NHK(Eテレ)バリバラ、『切断女性たちの美の世界』
みなさんNHK(Eテレ)の『バリバラ』という番組を知ってますか?
バリアフリー・バラエティの略で、障害者のためのバラエティー番組です

突然ですが、今日22日(金)の21時から『切断女性たちの美の世界』として
義足をつけた女性アーティストの特集を放送します。

それにしてもNHKの番組なのに過激でしょ。
義足をした女性のことを『切断女性』と表現するんだから。

みんなで応援しましょう。

バリバラ公式ホームページ(今夜の番組紹介)
http://www.nhk.or.jp/baribara/schedule/index.html

きしょう

切断ヴィーナス切断ヴィーナス
(2014/05/29)
越智貴雄

商品詳細を見る

海外ドラマ 別の楽しみ
借りてきたDVDで『BONES』や『BURN NOTICE』などの海外犯罪ドラマにはまっていた私だが、

最近は、DLIFE(BS258)、WOWOWなどで、たくさんのドラマを観放題。

地デジ化以降、チャンネル数が増えて、観るものが増えた。

アメリカのもののみならず、スウェーデンやノルウェイやイギリスなど幅広い。

それぞれお国柄もあったりして、結構楽しい。

そして日本に新旧取り混ぜ一気に入って来たせいか、かなりダブって俳優が登場する。

例えばWOWOWの『BODY OF PROOF』の主役ダナ=デラニーはデスパレートな妻たちにも出ていたし、

シーズン3から相棒になったオリバーは、マーク=バレーという役者で『HARRYS LAW』にもレギュラーで

出演している。

『NCIS』のケイトは、シーズン2のラストで殺されてしまったと思ったら、『リゾーりアンドアイルス』では

アイルス役で主役になって出演しているといった具合だ。

そして『NCIS』には、往年の『ナポレオンソロ』イリア=クリアキン役のデビットマッカラムが

検視官として出演し、いい味を出している。


同じ日に犯人役をやっていた役者が、他のドラマの準レギュラーで出ていたりすると

「頑張って俳優やっててよかったね、おめでとう!」

と心の中で応援していたりする。

残念なのが、字幕版で観たいのにだんだん吹き替え版の方が主流に成ってきていることだ。

そしてこの話に共感してくれる友達が、い・な・い。


昔のようにテレビの番組の話題で、

「ねえ、昨日の○○観た?」と一緒に盛り上がる時代じゃなくなったんですね、たぶん。





mar.


Ncis: Tenth Season [DVD] [Import]Ncis: Tenth Season [DVD] [Import]
(2013/08/20)
Ncis

商品詳細を見る












Peeping Lifeがお面白い
今年はテレビアニメがはじまって50周年にあたるそうで、その記念番組が多い。

その中でも異彩を放っているのが「Peeping Life 手塚プロ・タツノコプロワン
ダーランド」だ。

これは日常を舞台にした脱力系アニメを作る森りょういちが、アニメ50周年を
記念して手塚プロとタツノコプロとのコラボが実現したもので、思春期を迎えた
鉄腕アトムやスリムになったハクション大魔王など、有名なキャラクターが実在
する人として作られたパロディーである。

森りょういち作品は日常のリアル感と脱力感がうまくミックスされて、思わず
“あるある”って笑ってしまう。まずはPeeping Lifeを知らない人のために
YouTubeから次の2つ選んでみた。いずれも5分のショート作品です。

PEE1.jpg
『Peeping Life 残念!就職面接』 http://youtu.be/aISYz1x4w5o

面接官に印象をよく思われたい女子の緊張と頑張りが痛いほどよくわかる。

PEE2.jpg
『おでかけバカップル Peeping Life Library #01』
       http://youtu.be/dleYTXsRKA0

そして私が好きな“バカップル”のふたり。
アドリブっぽいセリフはどうやって生まれるんだろう。大筋は決まってて、声優の
2人は即興芝居をしているんだろうか、会話が自然でおかしい。アーティストとして
ジェラシーを感じてしまうほど好きだ。

そして、今日の本題はこっち。

PEE3.jpg
 『手プロ・タツノコプロ ワンダーランド DVD予告編』
        http://youtu.be/96b0Y_15yXc

この作品が、今、スカパーの「キッズステーション」で放送している。
見たい人は必見です。でも、本家“バカップル”の方が笑えるけどね。

『手プロ・タツノコプロ ワンダーランド』
毎週土曜日、午後10:54~11:00  キッズステーション
(ちなみに10:44から本家Peeping Lifeの放送もやってます)

きしょう