FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
沈黙のランボー96時間!
 コロナ明け(といってもまだ完全に明けてないが)映画館復帰の
 第一弾は単純で頭が空っぽになる『ランボーラスト・ブラッド』に
 したぜ。ワイルドだろう。 by スギちゃん

 当日券を買おうと思ったら窓口の娘に「シネマポイントカードが
 たまってますよ」と言われ、タダで鑑賞できたぜ。
 ラッキーだぜ!

 さて、
 ランボーシリーズは、ベトナム帰還兵のランボーが世間(社会)と
 の軋轢に苦しんだり、内戦中のアフガニスタンで撮影したり、
 ミャンマーの社会問題を題材にしたりと、公開当時の社会
 テーマを含んだものだった。

 ところが今回はまったく個人的な理由。娘同然のように育て
 ていたAKB48の前田敦子似のガブリエラが実の父親に会い
 たいという一心で天童よしみ似のメキシコ人を尋ねに行く。

 ランボーも育ての母であるマリアおばちゃんも口が酸っぱく
 なるぐらい「危ないから行っちゃダメ!」と言われていたにも
 かかわらず、振り切って行ってしまう。
 ・・・となればもう先は見えるでしょ。

 ranbor1.jpg

 で行ったら、人身売買組織に拉致されて麻薬を打たれて
 風俗嬢として働かされ、肉体も精神もボロボロ。

 それに怒ったランボーおじさんが単身救出に向かうという、
 『96時間』やセガールの『沈黙シリーズ』とまったく同じ
 ストーリー。そこにオリジナルなひねりもアイデアもない!←キッパリ

 映画全体の前3割りがランボーの幸せな生活と家族の
 紹介で、残り6割が怒りの大殺戮となっている。←1割どこ行った?

 ランボーおじさんの怒りはヤコペッティも驚く大残酷物語。
 首チョンパに人体損壊、容赦ない血みどろの復讐劇がはじまる!!

 日頃からフラストレーションがたまっている人、阿鼻叫喚の
 地獄絵が見たい人にオススメだぜ。←忘れてた

 真面目で人が死ぬのが嫌いな『文部省選定』な良い子に
 は0点の内容だ。

 ランボーは今回も怒ってるぜ。


 採点 70点


 * * * 以下、ネタバレあり * * *



 冒頭、ランボーが娘のように育てていた前田敦子似のガブリエラとマリア
 おばさんだが、本作で突然登場して、10年間仲良く暮らしてましたと説明
 されてもねえ、「はあ?」ってなもんで、まったく感情移入できなかった。

 だから前田敦子が天童よしみに騙されて売春宿に送られても、そりゃ
 自業自得でしょってなもんで、同情心は微塵も感じない。それがマイナス点。

 それにジャーナリストで人助けが好きだからとランボーを救ったカルメン
 姉さん。不思議な魅力を持ってる女優さんで最初、男かと思ったぜ。
 すごく魅力的なのに、彼女が何を手伝ったのかよくわからんし、
 ちょこっと出てすぐ消えてしまう。両手でWhy?

 クライマックス、
 憎んでいた人身売買ブラザーズの二人がお手て繋いでランボー家に
 やってきてほっとした。もしどちらか一方だけしか来なかったらどうすんの?
 なんてつまらない心配しちゃったぜ。

 でも大金持ちの本ボスはその場に来なかったので、組織そのものを根絶
 してないのがちょっち気になるところ。

 もちろん良いところもあるぜ。

 シリーズ中、ずっとベトナム戦争のPTSDに悩まされ、トラウマと闘い続け
 るのはシリーズを貫いていたし、ランボーが、実家の地下に洞窟を作って
 精神安定剤を飲みながら過ごすって、一作目を知ってると、彼の闇の深さ
 が感じられて胸が痛む。同時にラストはこのトンネルが舞台になるんだとすぐ
 わかってしまう。

 前田敦子に、「おじさんは変わったんじゃない、蓋をしているだけだ」
 というセリフに俺はキュンとしたぜ。

 それとエンドクレジットで流れる過去の映像。第一作のランボーがガリガリの
 やせ男だったのに驚く。38年の時を感じられて感慨深い。また1作目から
 見直したくなった。

 ランボーシリーズもこれで終わりかと思うと俺は寂しいぜ。
 あの世でも怒りに燃えてくれ。

 きしょう
スポンサーサイト



映画『パラサイト 半地下の家族』

 カンヌでパルムドールを受賞し、ゴールデングローブ賞の外国作品賞を
 受賞し、アメリカのアカデミー賞も・・・と聞いて慌てて観に行き、
 ちょっと期待しすぎちゃったのがまずかったかな?

 parasaito1.jpg

 半地下に暮らす貧しい一家の息子が、ひょんなことからIT企業の社長宅に
 家庭教師として入り込み、それをきっかけに自分の家族を次々と呼び
 込んで豪邸にパラサイト(寄生)する生活が始まる。

 前半の上流階級一家に住み着いていく過程は、のんびりと面白く描いてる
 が、やや退屈な印象で、これが賞を取る作品かと首をかしげたくなる。
 ところが中盤、ある者が登場するところから事態は一変し、私を含めて
 観客が予想もしない展開へと向かう・・・

 ポン・ジュノ監督作品は私は過去に『グエルム』と『母なる証明』を観て
 いる。寓話のようなフィクションをリアリティで包み込む稀代の職人
 監督だと思う。

 今回も、半地下に住む家の“便器”が床の高さより上にあったり、
 裕福な豪邸が高台の上にあって黒澤明の『天国と地獄』を思わす
 階級の差を表現し、土砂降りの雨の中、長い階段をずぶぬれになりな
 がら家に帰る場面はとても印象深く、画作りを大切にしているのが
 伝わった。作品を観終わって映像が記憶に残る作品ってそうないものだ。

 ただし、終わり方が私の心を動かさなかったのが残念だ。映画『万引き家
 族』は、観終わって寄せ集めの家族を愛おしく感じたけれど、
 パラサイト一家には、そんな特別な感情は生まれなかった。

 パルムドール賞を受賞するほどの作品とは思えなかったけど、
 記憶に残る不思議な魅力を持った作品なのは間違いない。


 採点 70点。


 * * * 以下ネタバレあり * * *


 parasaito2.jpg


 この作品は中盤、家族がパラサイトに成功して祝杯をあげている時
 の事、おいおい、そんなにくつろいでて大丈夫かと心配してたら、
 案の定、前に雇われていた家政婦が戻ってくる。そこからダークな
 世界に入っていき、開いた口がふさがらない状態がクライマックス
 まで続く。

 誕生日パーティーの惨劇なんて、ホラー映画を見慣れている私でも
 心臓が止まるようにショックを受けたもの。

 貧富の差を"匂い"で貫いたシナリオがよかった。
 誕生日パーティーで父が主人を刺してしまったのも、その臭いの
 差別に原因がある。

 忘れてはいけないのは出演者の自然な演技と存在感。
 すばらしくて全員の出演作を見たくなった。

 でもね、ラストなのよ。 

 減点のすべては終わり方。私には物足りなく感じた。

 父のモール信号を息子が現場に戻ってきて見るとは限らないでしょ。
 むしろ警官に見つかったらどうするの。それと、将来勉強して裕福に
 なって家を買い取るなんて、無理だと思うし。そこに明るい未来は
 私は感じなかった。

 一方、『万引き家族』は死体遺棄と少女誘拐がバレて(といっても完
 全な犯罪とはいいがたい)離れ離れになった家族だが、その後も
 お互い通じ合っていて、本当の親子以上の関係だというのが伝わった。
 それが現代の希薄な人間関係特に親子関係を象徴しているかの
 ようで感慨深い。ラストはDVを受けていた少女がひとり遊びしていた
 時に、遠くに何かを見つけて立ち止まるという、その先を観客に想像
 する場も与えてくれている。

 同じパルムドール賞を受賞した『万引き家族』と比べると、私に
 は『パラサイト』は見劣りしてならない。

 きしょう
映画「SWスカイウォーカーの夜明け」
42年前。

映画『スターウォーズ』は、それまでのSF映画の常識を覆すビジュアル
に西部劇をベースにした面白さとアクション。『ローマの休日』を思わせ
る心温まる感動とスカッとする痛快なラストに私はすっかり虜になった。
当時、高価だった8ミリフィルムまで買って、友達を集めて何度も上映会
を開いたのが思い出される。

あれから42年、ようやく物語は完結した。

エピソード(以下EP)1、2、3のテーマは『師弟の絆』。4、5、6は『親子
の絆』。そして7、8、9は『自分探しの旅』だろう。

本作(EP9)は、登場人物や用語の説明がないので、過去のシリーズを
観てないと意味が通じないことがあるかもしれない。制作サイドもそれ
を割り切って作っている。

くわしくはネタバレに書いたけど、普段から人一倍涙もろい私は、ある
場面からずっと泣きっぱなしだった。EP4、5、6が好きなオールドファン
にとって最高の作品になったと思う。

エンドロールで流れるジョン・ウィリアムズの曲は、これまでの曲のダイ
ジェストになっていて、最後、EP4のスコアで盛上ってフォルティッシモで
高らかに終わる。

スターウォーズ・サーガの完結です。

大団円。


感無量の100点です。 (やや甘いけど)



*** 以下ネタバレあり ***


swsky.jpg


まず、ちょっとした不満から

今までの作品でもちょくちょく見られていたが、ご都合主義が多すぎる。

チューバッカが死んだと思ったら宇宙船が二隻あって助かっていたとか、
三角形の地図が2つあったり、禁じられているシスの古代文字を解読
するためにC-3POの記憶メモリが初期化されてしまう感傷的なシーン
があるが、後でR2がちょこっとさわっただけであっさり戻せるなんて。
いったいなんなん?

ラストで、今まで誰も助けに来なかったのがギリギリになって『ダンケル
クの戦い』よろしく駆けつけるのは、・・ま、これはいつも同じか。
歴史は繰り返されるというものだ。

パルパティーンの復活もなあ。
クローンで復活させられるのなら、目の前のひとりを殺してもまたコピー
を作ればいいわけで、これじゃあパルパティーンのコピーと永遠と戦
い続けなくてはならない。だったらいっそのこと、パルパティーン
のクローン軍団を作ったら無敵だろうよ。

鑑賞した後で考えてみると、最終的にスカイウォーカーの血筋が死に
絶えて、シスの末裔(レイ)が生き残ったという結末ってあり? 42年前
から観届けていた私にとってもうひとつスッキリしない感が残る。

EP7~9で好きなのは眼光鋭いレイと中二病のカイロ・レンなんだ。
ダースベイダーと比べてカイロ・レンが弱っちいのが嫌いな人も多い
ようだけど、私はそんな彼が自分探しをしてもがき苦しむ姿に好感が
持てるんだ。EP7だったか部下の報告が気に入らなくてライトセーバー
でパネルをめちゃめちゃ破壊していたのが好きだ。

そんな彼が今回改心して良い子になるのも、自らを犠牲にしてレイを
救うのも、私は意外に感じず、むしろこの結末を待っていた。

レイアの死にチューバッカが号泣するシーンから終盤はずっと泣きっぱ
なし。他にもハンソロが現れた時も、太ったランドが現れた時も、Ⅹウイング
が海から浮上したシーンも、新三部作を支えたレイ、フィン、ポーの3人が
固くハグするのも涙、涙、涙・・・。

そしてラスト、物語のはじまり(EP4)の、ルークの育ったタトゥイーンで、
通りすがりのおばちゃんからファミリーネームを聞かれたレイが
「レイ・スカイウォーカー」と名乗るのも読めたけど胸にグッときた。

ポーの運び屋時代の仲間のゾーリや元ストームトゥルーパーのジャナ
など、初見ながらも魅力あるキャラクターが登場して惹かれるものが
あった。そういえば、EP8のレジスタンスの指輪をしたガキは出てこなかったぞ。

まさか・・・

いやいや、もう終わりにしようよ。
体がもたないから。

って、嫌な予感がしたのでネットで調べたら、

♪ピンポーン
 情報によると、ディズニーは今後、2022年末から新しい『スター・ウォー
 ズ』の長編映画を3本、2026年まで隔年で公開するらしい。『アバター』の
 続編も控えているそうで、今後はアバターとSWと交互に公開するとのこと
 だった。

 アジャパー!

スターウォーズは永遠なり。

・・・でも、私の命は永遠じゃないからね。

きしょう
AKIRAのポスター
今年、2019年にあわせて部屋のポスターをアニメ映画 『AKIRA(アキラ)』にかえた。

akirap1.jpg

なぜって?

今から30年ほど前の1988年に公開された劇場版アニメ『AKIRA』。
このドラマの設定が2019年だからである。しかも驚くことに、
翌年2020年に東京でオリンピックの開催がひかえているという設定なのだ。

何ということでしょう!

原作者の大友克洋は30年前にこの現代を予言していたのである。
あんたはノストラダムスか?

akirap2.jpg

私はこの作品が好きで、時々5.1chサラウンドを効かせた大音響で
今でも時々鑑賞している。

本当は部屋に飾った2枚のポスターよりデザインが好きなのはこちらの方。
  ↓ 

akirap3.jpg

ただこのポスターは縦1メートル、幅70センチと大きくて私の部屋に貼る場所がない。
仕方なくより小さい2枚を飾ったのだ。

NHKは大したもので、

今年がAKIRAの年だと知ってて、昨年末に 『NHKスペシャル 東京リボーン』という
番組を放送した。しかも、現実の大都市東京の変貌を、バイクに乗る金田の視点で
描き、オリンピック施設が集中するベイエリアを中心に、バレーボール会場となる
有明アリーナや水泳のアクアティクスセンターの建設工事をCGと融合させて新しい
番組となっていた。

大友克洋のデザイン監修はもちろんのこと、音楽は芸能山城組の作曲家
山城祥二が担当し、まさしく現代の『AKIRA』を演出していた。すばらしい!

大友さんは漫画家としてもクリエイターとしても才能ある方だと思うので、
みんなを驚かすような新しい映画をまた作って欲しい。

きしょう

脚本家の橋本忍氏が亡くなられた
先月、7月19日に脚本家の橋本忍氏が亡くなられた。

橋本忍といえば、「羅生門」「七人の侍」など、日本映画史に残る名作、ヒット作を
多く手がけた脚本家である。

氏の名を一躍有名にしたのは芥川龍之介の小説「藪の中」を脚色した「羅生門」が
ヴェネツィア国際映画祭でグランプリを受賞してからだ。これが脚本家デビューだっ
たそうである。それからは黒澤明監督の脚本チームの一員となって、「生きる」
「七人の侍」「蜘蛛巣城」「隠し砦の三悪人」などを書いた。

他に記憶に残るのは、野村芳太郎監督の「張込み」「ゼロの焦点」、
小林正樹監督の「切腹」「上意討ち 拝領妻始末」、山本薩夫監督の「白い巨塔」
今井正監督の「仇討」、岡本喜八監督の「日本のいちばん長い日」、
森谷司郎監督の「日本沈没」など、好きな作品をあげたら切りが無い。

73年に野村芳太郎監督ら6人で「橋本プロ」を設立し、自身の脚本で第1作「砂の器」
(74年、野村芳太郎監督)を、続く第2作が「八甲田山」(77年、森谷司郎監督)
を製作した。2作品とも大ヒットを記録して輝かしい記録が残っている。

ところが・・・

第3作目として満を持して製作したのが『幻の湖』だった。
これは東宝創立50周年記念作品という冠までつき、脚本だけでなく橋本自身が監督も
務めるという快挙に出たのである。

物語は、滋賀県にある温泉街(雄琴)のソープランド嬢が愛犬の死を恨んで仇討する
もの。時代が現代から戦国時代にもどったり宇宙に飛び出したりと壮大なスケールの
ドラマが展開された超大作だった。

ところが、主人公がソープランド嬢の上、難解な内容のために客足が伸びず(たぶん)、
公開から約3週間で打ち切りとなった。

晩年は病気がちだったそうだが、2000年に故郷の兵庫県市川町に『橋本忍記念館』
が建てられたそうだ。

いつか訪ねてみたい。

きしょう