FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
おいしい食パン店『乃が美』
会社の近くに『乃が美』というパン屋ができた。

nogami1.jpg

店舗は4畳半の大きさしかなくて、売ってるのも食パンだけ。
しかも食パンは2種類で、通常サイズ(2斤)とハーフサイズ(1斤)しかなく、
それぞれ800円と400円だ。ちょっと高いけど、やっていけるの? 

なんて思ったら。

開店翌日から客が集まりだし、今では開店1時間前から行列ができている。
私も30分並んで、最近 ようやくGETした。

nogami2.jpg

パンは、カナダ産の小麦100%使用で、卵をいっさい使ってないそうだ。

しかも2016年のパンオ・オブ・ザ・イヤーで金賞に選ばれたらしい。

nogami3.jpg

食べてみると、口当たりがなめらかでやわらかく、
噛めば噛むほど甘くてお美味しい。

驚くのは耳もやわらかくて、身(白いところ)と同じぐらいの柔らかさ! 
だから一度食べ始めたら美味しくて止まらない。
何もつけずにそのままパクパクと食べられる。

ジャムをつけたり焼いたりするとパンのうま味はなくなってしまい、
普通のパンと同じになってしまう。

今まで食べた食パンの中で一番お美味しいかも。

きしょう
スポンサーサイト
馬車道で、明治150年の「美」に触れる。
改修工事による2年近い休館から、この4月にリスタートした馬車道の博物館。
再開2回目の特別展は明治150年にちなんで?「明治150年記念 真明解・明治美術/増殖する新ニューメディア ―神奈川県立博物館50年の精華―」(ちょっと長い)。

博物館1階の特別展会場内にこれでもか!と詰め込まれた展示物に圧倒されながら、でもこの密度がうれしかったりする。




絵画、工芸、陶器、写真など、様々な「美」に触れながら、徳川幕府の時代から「世界」へとデビューして以来150年、この国のアートの起源とその歩みを振り返るのもいいもの。

個人的には明治14年?の横浜の地図に興味をそそられた。大桟橋もまだなく、というか象の鼻以外は船着き場も見当たらず海岸線はひたすら真っすぐで、鉄道の築堤の内側には内海?が残っていて、旧吉田新田の埋立地の中には運河が縦横に走っている。イマとは大分違う顔をしたヨコハマ。

いつか、色々と跡をたどって歩いてみたいものだ。

IMG_4157のコピー

NS
『あいおい食堂』

  味噌汁を飲んで

  あれ?

  味が薄い、 と思った。(^_^;)

  出汁はしっかりとっているようだけど味が薄い。
  主菜もタレの風味は感じるものの何かもの足りない。

  店内に貼られているコピーを読むと、

aiois1.jpg

  『カロリーひかえめ、塩分ひかえめなヘルシー定食』とある。

  そう、塩分が少ないのだ!

  ホームページを見ると、ここの女将さんは生活習慣病を対象とした治験
  コーディネーターの経験を持ち、トップアスリートの栄養サポートを担当
  する栄養士のアドバイスを受けているそうだ。

  私は高血圧で毎日薬を飲んでいる身。

  ここで食事をするたびに今まで味の濃い料理ばかりを好んで食べていたんだ
  と反省してしまう。

  医者に食事療法として塩分を控えてごはんも茶碗1ぱいにして腹八分目。
  カロリーを押さえてくださいと言われた。
  そんな私に必要なのが、ここ、あいおい食堂なのだ。

aiois2.jpg


  開店して約1年、ランチタイムはいつも満席。

  常連さんから、ここで毎日食べていたらベルトの穴が2つ減りましたという話を聞いた。

  かくいう私も最近は週2回いただいている。

aiois3.jpg


  この日のメニューは、豚肉とわかめの生姜炒めの主菜に、ニンジンの酢の
  物(干葡萄入り)。カレー風味のポテトサラダ、7分つきご飯と味噌汁だった。


  お女将さんに、血圧が高くて塩分控えめにしなさいと医者に指導された
  ことを話すと

  帰り際に

  「また“塩抜き”に来てください」(^_^) 

  と笑顔で見送ってくれた。


  カナロコニュース
   http://www.kanaloco.jp/article/261009

  あいおい食堂
   https://www.aioi-diner.com/
   月~金曜日11:30~21:00 日曜日・祝日11:30~21:00
   休業:毎週土曜日、年末年始(12/28 ~ 1/3)

きしょう
三浦大輔引退とサイン

10月29日の横浜スタジアム最終戦で、三浦大輔投手が現役最後の先発
をして引退試合となった。

自分の思うような投球が出来なくてホームランを打たれる場面もあったが、
そのたびに『頑張れ~』と三浦コール。ファンの熱い応援に涙があふれて
しまった。 (_ _;)ウウッ

さて、三浦のブログを見たら、市営地下鉄のポスター前で記念撮影をして
いる写真が載っていた。その関内駅は私の通勤につかっている駅である。

miura3.jpg

階段の両側に横浜スタジアムの写真と、三浦大輔の写真が貼られている。

miura4.jpg

よく見ると、大輔のポスターにサインがあるではないか!

miura5.jpg

これ、印刷?

いや、よく見ると、壁のタイルのへこみにズレがあるため、
これは印刷ではなく、貼った後に上からマジックでサインしたものだ。

キャー 本物だ。\(^o^)/

ということで、私は毎日、大輔の前を通って出勤していることになる。
疲れたとかダルいなんてボヤいてなんかいられない。そんなことでは
大輔に叱られてしまうぞ。

きしょう

大正の面影ただよう空間で。

横浜の三塔といえばキング・クイーン・ジャック。
それぞれ県庁、税関そして開港記念会館だというのは、横浜市民であればジョーシキ?

ともあれ、最後のジャックが来年で開館100周年!ということで、普段は公開していない地下フロアが見学できる、と聞いてやって来た。が、ハッキリ言って、地下は地下であって、殺風景で特に言うべき程のものはナシ。

それよりも、ステンドグラスや絵画などがある2階の方が楽しめるかもしれない。
こちらは、通常時のほか、毎月一回の一般公開もあるので(詳細はこちら)、興味のある方はチェックしてみて欲しい。

関東大震災の折、火災に建物内部を焼かれながら、復興して今に残る大正建築。
当然、戦災にも生き延びて今に至るわけだ。
横浜の誇る建築物、と言えるだろう。


2階のロビー?にて。ちょっと日本離れした感じ。

IMG_4571.jpg
時計塔へ上がる階段。今回限定で特別公開された由。

IMG_4578.jpg
開港時の横浜をモチーフにしたステンドグラス。


NS