プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
暴挙?
もう10年は経っているんだろうか?

新橋に通勤していたころ、駅前の香川・愛媛アンテナショップで、オリーブの小さな鉢植えを2つ買った。同じ種類同士だと実が出来ないと聞いていたので、別々の種をひとつずつ。

ベランダに鉢を置いて、少し伸びてきたので添え木をしてやった。
その後もどんどん伸びていって、ホンの少しだが実も出来るようになった。

ところが、である。
添え木があるのをいいことに伸びるのはいいが、幹が一向に太くならない。
添え木を外すとダラしなく垂れてしまうのだ。

どうもこれは育て方を間違えたらしい?
乱暴だが、思い切って下から15センチほどのところでバサッと切った。
これでも大丈夫と踏んでのことで、その通りにはなった。

切った面からそのまま、はさすがにムリだが、残った幹の脇から新しい芽が出て、再び伸びていった。
これがいつ?3、4年以前だったろうか。

教訓として、今度はいっさい添え木をしなかった。
あくまで自力で、しっかりと幹を太くしながら伸びていってもらいたかったのだ。

それ以来、すでに相当伸びてきた。
しかし、思ったほど幹は太くならず、どうもヒョロヒョロとしている。
根を張れる広さとの兼ね合いかもしれないが、よくわからない。
剪定をもっとすべきだったかもしれない。

ひとつはまだしも、もうひとつはかなり頼りなく、添え木が必要、とさえ見える。
ここでまた、思い切った行動に出た。
頼りない方を、今度は下から数センチのところでバサッと切ったのだ。
ウチに持ってきて以来10年余?またもやゼロにリセットされたのだ。

われながらよくやるよ、という感じである。

それでも7月になって、新しい芽が出てきた!
残した部分からではなく、土の下からまったく新しいものとして。
根から直接伸びてきたものなんだろうか。

いずれにしろ、ちゃぶ台返しはもうやめにしたい。
この芽がしっかりと伸びていくことを期待しつつ、見守っていきたい。




NS
スポンサーサイト
改めて今、地震に備えよう。
昨夜21時過ぎ、九州熊本を震度7の地震が襲った。

ビデオを見ていて発生の1時間後に知ったのだが、東日本大震災から5年でまたもや、被災地から遠く離れた横浜の地にいながらも、ショックを禁じ得なかった。

まずは被災地の方々が少しでも早く、落ち着いた生活を取り戻せるように祈念したい。

それにしても、この5年で自身の備えはどうだったか?
備蓄も中途で止まったままになっているし、ニンゲンの忘れっぽさ、飽きっぽさ全開、という感じ。

もちろん、常に気を張っていられるわけじゃない。神経が参ってしまうだろう。
それでも、いつとも知れぬ災害に見舞われた時、備えていなかったツケは必ず回ってくる。

今、備蓄がどこまで進んでいるのか、改めて見直して、前に進めていかなければ。


NS
さらば、になる前に。
映画「さらば あぶない刑事」絶賛上映中なんだが、当然わたしもすでに観た。

10年経っても、アブデカはやっぱりアブデカ。
エンドクレジットの演出に、ちょっとウルッと来たりして。
わたしなりに満足して映画館を出た。

次なるお楽しみはロケ地めぐりなんだが、もうちょっと暖かくなるのを待っているところ。

それと、いろいろタイアップを探すのも意外に面白い。
たとえば、郵便局からはフレーム切手セットが発売されるし、刑事もの、であるから防犯ポスターにも起用されている。

県庁前の交番にも、ありました。
「さらば オレオレ詐欺」
合言葉を決めると撃退できるんだぜ。キザな口調はやっぱりタカ?

そもそもハマのデカだから、神奈川県警のポスターに登場するのは自然な流れ、でしょうか。

これ、ほかにもバリエーションがあるんだろうか?
交番や警察署回りをして探そうかしら?

県庁前交番のアブデカ3

NS

ダイソンは大損?
積年の課題?であった掃除機の買い替えを、ついに行った。

今まで使っていたモノは、10年以上前の紙パック式。
パックを換えた当初はいいが、すぐにパワー不足になる(と感じていた)のが不満で、そろそろ新しいのを買ってもいいだろう、と思っていたわけ。

ちなみに、わが家で掃除機を使うのはタタミの上だけ。
それも一部屋なので、そう広範囲に対して使うわけではない。

さて、それではどんな掃除機を買えばいいのか。

モバイルとかオーディオだったら、あれこれ購入経験もあるし、普段から様々な情報に接しているから、どんなモノを買うべきか見当は付けやすい。これが掃除機となると、今のトレンドも、どんなモデルがあるのかも皆目わからない。いや、それは違うな。ダイソン以外はわからない、というべきだ。

そう、ダイソンはわたしでも知っている。
というか、以前は買うとしたらダイソンしかない、と思っていた。
機能が、性能が、というより、そのデザインで。
なにせ、デザイン至上主義なもので。

しかし、値が高い、に始まって、重い、とか、ウルサイ、とか、取り回しが良くない、とか色々ネガティブなことを聞くに及んで「やっぱり国産かな」という気になっていたのだ。

それが結局。
思いのほか安いモデルがあって、しかもサイズも小さいし、簡単だけど布団用ノズルも付いているし「やっぱダイソンにしよ」と相成った。

実際に使ってみてどうだったか?
カーボンファイバーブラシ搭載 最新タービンヘッド、が先端に付いていて、これをオンにしていると盛大にブラシが回転しているのだが、そのせいか?タタミへの吸い着きは思ったほど強くない。前の掃除機のパック入れたての方が強かったくらい。とはいえ、ブラシをオフにするとタタミに吸い着いっちゃってどうにもならないのは、吸引力そのものは結構強い、ということなんだろう。

重さはこんなものだろう。運転音は確かに静かとは言えない(特別ウルサイわけでもないが)。けれど排気がクリーンなので、窓を閉めて掃除が出来るのはいい。集合住宅なので、いつも窓を開けて、というわけにいかないのだ。

取り回しもまずまず。強いて注文を付ければ、ホースがもっとしなやかなら申し分がない。

でもね、カッコいいのが七難を隠してしまうんだよなあ。
掃除機にカッコなんて、という向きはあるだろうが、気に入る部分があるというのは悪くない。
その分大切に使うようになるし。

ということで、今のところ、ま、良かったか、という感じです。


一番安い、DC48 タービンヘッドを買いました。


NS
街のディスプレイは世相を表す。
なんて大げさに言うまでもなく、広告とはイマを(あるいはちょっと先の未来をも)機敏に捉えて表現するものなんだろうから、当たり前か。
人物が起用される場合でも、皆が知っている「ああ、あの人」でなければ、アイキャッチにはなりにくい。

銀座は、やはり日本一のショッピングタウンだと思う。
その銀座でも、たびたび人物を大きくフューチャーした広告が街を彩る。

去年、松屋銀座の壁面に錦織圭が登場。
ご存じ、世界のトップレベルで活躍するテニスプレーヤー。
強烈なスマッシュをかましているのは、タグホイヤーの広告である。




そして今年のはじめ、銀座三越の壁面にスックと立つスーツ姿の男性。
誰だか当然わかりますよね?

去年、この人たちが一大ムーブメントを引き起こした。
あの熱気が冷めやらず、4年後につながるか。
わたしはちょっと蚊帳の外なんだが、この人の強烈な個性については少々聞き及んでいる。

枯れることのない熱意と、飽くなきバイタリティ。
あやかりたい…イヤ、絶対無理だな。

IMG_3031.jpg


NS