プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
鎌倉歴史文化交流館。
今年の5月に開館したばかりの、ホヤホヤの博物館が鎌倉にある。
鎌倉歴史文化交流館、がそれで、一応の歴史好きとしては先日足を運んでみた。

鎌倉駅の市役所側に出て、扇ガ谷の住宅街の中にある。
古代から現代までの鎌倉の歴史資料が展示されている、のは館名からも明らかだが、期待したほどにはボリュームは大きくなかった。


周りはホント、静かな住宅街。


それもそのはず?で、建物自体が個人用住宅(共同、だったかどうかはわからない)だったものを鎌倉市が取得し、展示施設に改修したものなのだ。

それにしても、博物館としてはそう広くない、とは言え、それに転用できる住宅、というのが驚きである。
このこと、後から知ったので、てっきり建物はこの用途のために建てられたもの、とばかり思っていた。

そうと知っていたら、もっとしげしげと建物を観察するのだった、と思ったが、ま、また行けばいいんだ。
ただし繰り返しになるがボリュームはそうないので、次はいつになるかわからないが。

IMG_8735.jpg
展示室の様子。


訪問日は土曜日だったんだが、強く印象に残ったことがある。

鎌倉が人気の観光地なのは以前からのことだが、今日はスカ線のホームに降りた瞬間大渋滞でとても思うようには歩けない。これから花火でも上がるのか?ってなくらいの混みようなのだ。

交流館の後もまだ時間はたっぷりあるから、どこかへ寄っていくつもりだったのに、この先制パンチですっかりやる気を失ってしまった。見学前にランチを、と思っても、目ぼしいところはどこも行列。

見学後にさっさと帰ろう、と駅に戻ると、江ノ電が乗車待ち。
江ノ電の輸送力は最大でも4連だからあっという間に飽和するだろう。
それにしても、いったいどうなっているのか?

聞くところによると京都もあまりに多くの観光客が「押し寄せ」ていて、観光客はおろか、生活者や仕事をする人にも相当な影響が出ている由。

国を挙げて環境客を増やそう、というのがこのところの方策のようだが、一面だけを見て遮二無二突き進むのはいかがなものか。住んでいる人、そこで働いている人に支障が出る、迷惑する、なんてのは言語道断ではないか。

折にふれてフラッと出かけてきた鎌倉も、これじゃどうしようか?と思ってしまう。
京都だって好きな街だし、しばらくご無沙汰だからそろそろ、と思っていたが、正直今はやめておこう、と思う。

ホント、いったいどうなっているのかね?

IMG_8766.jpg
交流館の裏手を上がると、海が見えた。


NS
スポンサーサイト
青と黄と。
昨年8月、「金沢文庫文書」の計2万点余!が国宝に指定された。神奈川では久しぶりの国宝指定とのことなんだが、それを記念して当の文庫では「国宝 金沢文庫展」が開催されている。祝意も込めて訪ねてみた。




当然展示も文書が多く、当然ほとんど読めないのだが、代々の金沢北条氏の手紙など、(解説のおかげで)人となりを想像させるものがあって楽しい。また、蔓で編んだバスケット?も展示されていて、現代でも通用するモダンさには驚かされる。

展示室自体はそう広くないのだが、じっくり見ていくとそれなりに時間はかかる。目も疲れたし、駅へ戻る前に称名寺の庭園をぶらぶらすることにする。

IMG_8528.jpg
薪能の会場も、こうして見ると夢の跡、という感じ。


ちょうど阿字が池の周りを彩るように、黄菖蒲が咲いていた。天気も良く、空も抜けるように青い。写真を撮りたくなる色合いだ。けれど気温だけは、夏の足音が聞こえてきそうな暑さ。のども乾いてきたので、一回りして金沢文庫駅へと歩き出した。

IMG_8536.jpg


「国宝 金沢文庫展」公式サイト


NS


頼朝落馬の地。
アド街で知ったツタヤに行ってみようと、辻堂へ。

駅前のテラスモールでシラス丼のランチ。
少し並んだが、うん、シラス丼はシラス丼だ。
超える、ようなものではなかった。

腹ごしらえも済んだので、じゃ本題へ、と歩きはじめたら、駅の名所案内で「頼朝落馬の地」がすぐソバにあると知った。歴史好きとしては、寄ってみないわけにはいかない。

駅から近いわりにわかりづらく(単に地図に弱いせい、とも言える)、大回りをして、でもたどり着いた。




頼朝の落馬、何だよそりゃ、という方もいるかもしれない。
建久9年(1198年)、頼朝は相模川で催された橋の落成供養からの帰り道に落馬し、それが元で死去したといわれる。
一代の英雄がこの世を去る原因となった事件の地、なわけだ。

来てみると、何のことはない、フツーの道。
800年前の面影は今いずこ、だが、それはそれでいいのだ。

tujido02.jpg


ふーん、ここで頼朝がね…
しばし感慨にふけったら、さあ、ツタヤを目指そう。

tujido01.jpg


NS
歴史の痕跡。
赤坂離宮の特別参観に家族が申し込んだのが当たって、じっくりとハイソな世界を堪能してきた。
それはまたいずれ書くとして、最寄りの四ツ谷で夕メシを済ませ、駅に戻ろうと歩いている途中にこんなものが。

jojojs.jpg

戦前、パリの画壇を風靡した画家・藤田嗣治が一時期住んでいた場所。
四ツ谷から半蔵門方面にちょっと進んで、脇を入ったところ。
ホントたまたま、通りかかっただけ。

もちろん、藤田の画は竹橋の美術館ほかで何度も観ている。
それに、今日も今日、赤坂離宮に彼の画があった。
何でも戦前にカフェの天井を飾っていた画だとか。

単なる偶然。
でも何だか、ちょっとトクした感じ。

こんなプレートひとつだけとはいえ、なければ歴史の痕跡も土地の記憶も失われてしまう。
大切にしていかなければ。


ホント、何気ない。気付かない人も多いのでは。


NS
戦後70年におもう。
今年は、戦争が終わって70年目を迎える。

最近も「ガダルカナル戦記」など読んでいるが、これまでにもいろいろ読んできて、知っているつもりだったのは随分浅はかだったな、と思った。

70年、それだけの時間が経って、実際、戦場の記憶を持っている方々はほんのわずかしか残っていない。
10年もすれば、戦争を知らない世代、ばかりの日本になってしまうだろう。

それで大丈夫か?
どこと戦争したの?なんて方も中にはいるとかいないとか、そんなレベルでいいんかい?

オジサンは不安だぜ。

ともあれ、暑さでゲンナリのとある日曜日、戦後70年をおもうのにピッタリな場所へ、ということで、遊就館へ。
零戦の前で、しばし物思いにふけるのであった…と言いたいが、熱帯夜のせいで眠くて仕方ないので、入館券を買わず、どこか目をつぶることが出来る場所へ、と移動したのであった。




NS