FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
コロナ下なれど、いざ鎌倉。
コロナは相変わらず収束の気配もなく、ヨーロッパでは完全に第二波のただ中。
毎朝のワールドニュースを見ている身としては、まったく他人ごとではない。

イギリス・フランス・ドイツなどの第二波への対応を見ていると、春の経験を踏まえて、何もかもシャットアウト、ロックダウン、ということではなく、仕事へ行くにも、学校へ通うのも、ある程度社会を動かしながら、外出制限や飲食業の営業制限などを加えることで感染を防ごう、という共通項がある。

これが功を奏するかどうか、これから結果が出てくるわけだが、何とか落ち着いて欲しいと願わずにいられない。

そして、わたしは、相変わらず東京へ行くのは二の足を踏んでいるので、鎌倉へ(これも久しぶりだが)行ってみた。

日曜の朝、約30年前に放映されたドラマ「太平記」が再放送されていて、当時も観ていた(吉川英治作の原作も読んでいる)なつかしさに再見しているんだが、ちょうど足利高氏(まだ尊氏ではない)の反乱もあって鎌倉幕府が滅亡したあたりで、その、幕府最後の地を見に行こうと思ったわけ。

日本もコロナは収束していないんだが、小町通りの人出を見ていると完全に元に戻った感じ。ただ外国からの方々がいないだけ。それでも皆マスクをしているのが、日本流か。そうは言っても密は避けなきゃイカン。慌てて若宮大路に進路を変える。

新田義貞の倒幕軍に追い詰められた北条氏たちが最後に立てこもったのが今はなき東勝寺。その跡地が史跡として残っているので、そこを目指す。北条氏の菩提寺だけに?鎌倉の中心・八幡宮からそう離れていない。


兵どもが夢の跡、である。


現在残る東勝寺跡は、おそらくかつての一部なんだろう。敷地の背後は崖になっていて、そこにはいくつも洞の跡がある。往時、どのように使われていいたのか?

しばし佇んで鎌倉幕府の最後に思いを馳せる。ってドラマのシーンを思い出してるだけなんだが。一族郎党が次々と自刃する中、片岡鶴太郎演じる北条最後の当主・高時も。燃え盛る寺内で最後に残るのは、長崎円喜(フランキー堺)…

そうだ、このドラマ一方の悲劇の人・大塔宮護良親王ゆかりの鎌倉宮にも足を伸ばさねば、と意気込んで頑張ったら…結構くたびれた。

houkaiji.jpg
宝戒寺。足利尊氏が後醍醐天皇の命を受けて建立した寺院で、北条執権邸跡に建っている。

NS

スポンサーサイト



フライング。
冬は嫌いだ。理由は簡単、寒いのが苦手だから。そして夏も嫌いだ。暑いのが苦手だから。これじゃヘタレだが、本当だから仕方ない。ま、夏の方がより嫌かもしれないが。

今シーズンの冬、ここまではかなりの暖冬だ。寒いのが苦手な身にはありがたい、などと、決してわたしは思わない。度が過ぎたあまり、野菜が育ち過ぎて廃棄処分になるものが出てきたり、雪が降らずに困っている事業者も決して少ないないだろうし、要するに社会にネガティブな影響を及ぼしているから。そんなの知ったことか、などとエゴの塊にはなりたくないものだ。

それはさておき、先日お誘いをいただいて、久しぶりに鎌倉に行ってきた。大町近くの魚介専門の小さなイタリアンで優しい味のランチを楽しみ、そこからぶらぶらと若宮大路を渡り、小町通りを抜け、お寺や神社、小さな美術館などを回った。ひょいと行くのが普通だった鎌倉も、どこかのバカげた観光客集めでひどい混雑が当たり前になり、すっかりご無沙汰していたのだ。
この日、小町通りなどは思いのほか人が多い感もあったが、ここは以前からこのくらいの人出はあったところ、それでもずっと歩きやすくなったのは間違いない。

一時のピークに比べると、売り上げが落ちたところも多いだろう。けれど、混み過ぎて来るのが嫌になる人が出るほどに観光客を集めてどうするんだろう。鎌倉のみならず、京都や、浅草や、ほかの幾多の街でもそうだが、ほどほど、のところに落ち着いて欲しいと願わずにいられない。そういや京都も、前回から間が開いているし、ちょっと今行こうという気にならない。

さて、この日の鎌倉散策は梅も楽しみにしていたんだが、若宮大路で桜が咲いているのには驚かされた。暖冬もここに極まれり、である。2月の桜、何だか間が抜けた感がするのはわたしだけでしょうか。

IMG_4125.jpg
鎌倉駅東口のロータリーを出てすぐのところ。


どこだったか忘れたが、もちろん梅も咲いていた。

SN
明日はどっち?
先月終了した企画展なんですが、東京ステーションギャラリーで「辰野金吾と美術のはなし 没後100年特別小企画展」というのがあった。「小」とつく通り、展示のボリュームもいつもの半分程度で入場料もリーズナブル。


こんな感じでした。


だからと言うことでなく、この人に興味があったので見に行ったんだが、展示会場を出たところに、関連した展示物が置かれていた。以前の企画展でお目にかかったことのある、東京駅周りのジオラマである。

それが、駅舎の完成当時を皮切りに、時代を追って3つ並べてあった。

IMG_2942.jpg
東京駅が完成した、1914年ころ。


駅の周りには、これといって目につく建物がない。と言うより原っぱが広がっている。
これは駅舎を際立たせるためにあえてこうした、のではなく、本当にこうだったようだ。

アタマではそうだった、と理解しても、ちょっと信じられない。

IMG_2943.jpg
1930年代?


時代は下って、って10年か20年そこいらだが、丸ビルやらが出来て面目を一新。
この周囲にも市街地が広がっていたわけで、景色がまさに一変したのが分かる。

駅のホームが長大化されているのも注目。
それだけ人の動きが活発になった証なんだろう。

IMG_2944.jpg
2007年以降。

そして現在。
建て替えられた丸ビルに、新丸ビルなども加わって、駅の周囲は高層ビルが林立している。
ともすれば埋もれてしまいそうなところ、駅前広場の広がりもあって、駅の周りだけ開放感がある。

果たしてこれから先、この風景がどのように変わるんでしょうか?
それともあんまり変わらないんでしょうか?

明日はどっちだ。


NS

シブヤの暁。
渋谷の街、いつからか忘れたが、ダイナミックに変貌中だ。

東横の駅が地下に潜ったのももはや遠い昔、リニューアルの先陣切ったヒカリエが2012年竣工と聞くと、エッ!そんなに経ったの?とビックリしそうだが、去年はストリーム、今年はスクランブルと、続々と新たな高層ビルが姿を現した。

IMG_2649.jpg
右がヒカリエ。左がスクランブル。


とは言え、今だはるかなる道の途中。

全体計画の完成予定は2027年!だそうだが、この先まだまだ何棟もビルが建つ予定。というか、建設中のビルはそこかしこに目にすることが出来る。

8年後、と言ってもそんなに遠い先のことじゃない。
その間に、まだ残っている旧東急東横店の建物なども建て替わるわけだ。
どうしてどうして簡単なことじゃない。

しかしまあ、完成の暁にはどうなるんだろう?

高層ビル群たち、全部が全部ってわけじゃないだろうが、地下でもかなりの範囲が結ばれることになるんだろうか。それにしたって、地下からあるビルにアクセスして、エスカレーターやらで上に運ばれて、用事が済んだら下に下りて、移動してまた上下動、さらに上下動と、ずい分忙しくせわしないことになりそうだ。

体力を削られる街。
それが未来の渋谷かもしれない。
筋力を鍛えて、完成を待つことにしよう。

IMG_2680.jpg
スクランブル14階からの眺め。右端がヒカリエ。

NS
マチナカの電車。
不幸な事故があったばかりだが、MMの京急本社ビルも今月初めに竣工記念式典が行われたばかり。
久しぶりにこの辺りに足を伸ばしたので前を通ってみると、まだまだ完全オープンには至っていない。

何でもエントランスにはミュージアムが出来るそうで、規模はどの程度か不明だが、京急沿線に長らく住んでた者としては大いに興味をそそられるところ。何年前だか埼玉の公園でボロボロの姿を見て心を痛めたデハ230も、ピカピカにレストアされて展示になるそうで、これも再会の楽しみがある。

ともあれ、まだまだ先のハナシは置いといて、ビル脇のスペースに色とりどりのイスがあるのが目についた。これ、京急電車をかたどっているじゃないか。




とりあえず2枚ほど写真を撮ってみたが、考えるとこれ、新旧の各形式が並んでいて、今は本線上を走っていない旧600系、旧1000系なんて顔もある。確認しなかったけれど、800系もあったのかもしれない。

こりゃまた行ってみなくては。

IMG_1709dsf.jpg

NS