FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
おもちゃは語る。

 クラシカルな外観でひときわ目を惹く明治屋ストアがシンボルになっている?京橋エドグラン。この複合施設の地下通路にはいくつものショーケースが並び、北原照久氏のコレクションが展示されている。

 定期的に展示替えされているようだが、恐らくおもちゃが中心になっているんだろう、この日はセルロイドのおもちゃがショーケースから溢れんばかりに並んでいた。

IMG_3208.jpg
キューピー様々。ブラック、なんてのもあったのか。


 おもちゃ、だから子どもが遊ぶために作られたもの。けれど、どんなものを作ろうかと考えるのは大人だから、そこには当時の流行とか、世相とか、要するに「時代」が自然と反映されてくる。

 たとえば戦前、1930年代の日本。中国との戦争が続き「戦時」が日常になっていた時代。男の子は誰もが兵隊になる時代。おもちゃにも機関銃を操作する兵隊さんとか、爆弾三勇士!なんてものまであった。装甲車なんていかにも、って感じだ。

machinegun.jpg
機関銃手のつぶらな瞳を見よ。


 オトナの世界を垣間見るようなものも色々ある。パラソルの下で長椅子に横たわる女性!とか、よっぱらいの人形、なんて???のもある。よっぱらいが子どものおもちゃになる?しかもこの人形、漫画チックに面白おかしくされているわけじゃなく、GIジョーよろしくリアル路線なのがコワイ。
 
dranker.jpg
真ん中が「ドリンカー」。この目、イッてる?


 ズラリと居並ぶセルロイドのおもちゃたち。そのほとんど(全部?)が日本製。メイドインジャパンと言えば、クルマや電気製品など最新のテクノロジーを駆使したものをイメージするが、この頃はこういうものをせっせと作って外貨を稼いでいたんだな。

IMG_3222.jpg
「ノンキナトウサン」は知ってたが、キャラ人形まであったとは。


NS
スポンサーサイト
ありそでなかった。
東京ステーションギャラリーに「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」を観に行った。
ギャラリーの前に、昼メシだ。
電車を下りて丸の内口に出る。

オオッ、スパーンと空間が広がってるじゃないか。
「丸の内駅前広場」が完成していたのだ。
ずい分と長い間、ああだこうだと工事が続いていいたような気がする。




都心にターミナル駅は数多いが、駅舎から一歩出るとロータリーだ、バスターミナルだとせせこましいのばかり。
こういう風に広がりがあって、自由に歩ける広場がある、ってのは実に気持ちがいい。
実は昨年の12月7日にオープンしていて、わたしも何度か訪れていたはずなんだが、どうして今日はこうも新鮮な印象を受けたのか。

IMG_1731.jpg


芝生があるのもいいが、立ち入り禁止なのが残念。
ここで寝転がってたり、弁当食べてたり、思い思いに楽しめる場所として使えるとさらに魅力アップとなりそうですが。
ま、色々と管理上の課題があるんでしょうな。

ともあれ、駅前広場、とっても素敵な場所だって実感。
現在絶賛改装工事中の横浜駅もそうならないかな、ってそりゃ無理なハナシ。

IMG_1822.jpg
「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」は5月6日まで開催中。


NS
光を求めて。
12月も20日、と言うより今年も10日ちょっと。街はとうにクリスマスの雰囲気に溢れていて、毎年恒例のツリー鑑賞も楽しい。

わたしはそれを観に行ったりしないんだが、イルミもあちことで真っ盛り。テレビでちょっと見たけど、山手辺りでもやっているらしいとか。これ、行ってみようか、とも思ったんだが、まだやっているかしら。

さて、週末のお楽しみ・街ブラの途中で見つけた「光」をいくつかご紹介。

まずはニコタマのクリスマスツリー。
この日はちょうど熊本物産展も行われていて、ますます賑やかだった。
ディズニーとのコラボ?なんだろうか、アナと雪の女王の続編がある?それがテーマになっているよう。




こちら六本木は新美術館で行われていた(残念、8日で終了)「安藤忠雄展」の会場から、実物大で再現された(!)代表作「光の教会」の内部、壁面に切られた十字のスリットから差込む光。クリスチャンでなくとも、何かに打たれる、そんな気持ちになる。

IMG_0603.jpg


最後はヨコハマから。
そごうとスカイビルの間で行なわれている、クリスマスイルミネーション「横浜駅東口 星降るテラス~星に願いを~」でございます。

この写真、スカイビルからそごうの間の渡リ廊下から撮ったんだが、イルミの光の色が周期的に変わっていくのが楽しい。その名の通りクリスマスまで見られるので、よろしければどうぞ。

IMG_0625.jpg



NS

実はサイボーグ?
葛西臨海水族園といえばマグロ。
大水槽を群れで回遊するさまは、まさに壮観。

一昨年だったか、マグロたち、原因不明でそのほとんどが死んでしまい、1匹だけ残る、なんてアクシデントがあったのを覚えている。

その痛手からも立ち直ったのか、わたしが来訪した折にはたくさんのマグロたちがグングンと泳いでいた。


マグロ以外のサカナもいる由。


今でさえ、その大きさに圧倒されるが、これでもまだ4歳?くらいで、まだまだ大きくなるんだそうだ。何せ、500キロを超えることもあるそうだし、泳ぐ速さも100キロを超えることがあるとか。

水中で暮らすために最高度に進化した生物なんだな、とも思うが、一生の間決して止まることの出来ない、泳ぎ続けなければならない、と聞くと、なんて因果な生き物なんだ、とかわいそうになる。

ライトを反射してキラキラとメタリックに輝くサイバーな姿を見ていると「こいつら、ホントは機械仕掛けなんじゃないか?」などとアホなことを考えてしまった。

IMG_0112.jpg
中央でシルエットになっているのがスタッフさんで、マグロの説明をしてくれる。


NS
ちなみに入場無料です。
以前から折にふれて行きたくなるところ、それが横須賀市自然・人文博物館だ。

中央公園に隣接した高台にあるこの博物館は、その名の通り自然と人文の2本立て。
別々の棟になっているのを廊下でつないでいる、といった風の建物になっており、構造的にもわかり易い。

自然部門は、三浦半島の地質に始まり環境やそこで生息する生き物について。
個人的に昔から見ずにはいられないのがタカアシガニ。
深海に生きるこのカニ、世界最大とあるが何より脚の長さが際立つ。
ジオラマ風の展示だと、当然薄暗く青が支配する世界でこの怪物めいたカニの姿に背筋が寒くなる。


ちなみに、右奥の小っちゃいのがメス。


人文部門では現在、横須賀製鉄所が大きなトピックか。
アメリカ海軍と海自の基地がある横須賀のルーツを遡ると行き着くのがこれ。
明治の殖産興業と富国強兵を支えた一大プロジェクトだった(よね?)この施設、そもそも着手されたのは幕末、勘定奉行を務めていた小栗上野介が推進した事業だったわけで、明治政府はそれに乗っかっただけとも言える。

いずれにしろ、この施設が今に至る横須賀の街のあり様を決定づけたのは間違いない。

さて、博物館へのアクセスというと、中央駅の脇、モアーズシティ横の坂を上って…が定番なんだが、今回グーグルマップによれば、米が浜通りに下りていけるようだと判明、結構な急坂を下って行ってみた。ついでに思いついたのが料亭「小松」を観に行こう、というもので、この料亭、東郷平八郎に始まり山本五十六まで(すごい端折ってしまったが)、海軍将星がことごとく訪れたところなんである。

…が、あったのは塀だけ。
そうか、取り壊されたのか、いや残念、と塀だけでも写真に撮って帰ることにした。

IMG_7449.jpg
まさかそんなことになっていたとは。


しかし後日、ネットで火事で焼失したと知り(昨年の5月16日!)ビックリ。
残念、どころでなく、ザ~ン~ネ~ン!くらいなもんだ。

海軍の街の歴史を伝える、貴重な語り部を失った気がする。


NS