プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
Hello Mr.Pepper.
ご存知の方、多いと思うが?ソフトバンクからロボットが発売されます。

ロボットスマホ?スマホロボット?
違います。
スマホとは何の関係もない、ロボットです。

その名はPepper(ペッパー)。
言葉を話し、人間とコミュニケーション出来る、ロボットです。

以前、ソニーがAIBOというロボットを売っていたことがあったけど、あちらは犬型ロボットで一切しゃべらず。

言葉でのコミュニケーションが可能、というのが最大の注目点ではないだろうか。

何だかすごく未来を感じさせる話だが、実際のところ、どれだけ盛り上がっているんだろう。

横浜のとあるソフトバンクのショップで彼?を見かけたが、相手する者はなく、ひとりぽつねんと寂しそうであった。

さて、最近、久しぶりに彼?の姿を見た。
しかも、男性と会話?するところを。

通りすがりだったので、どんな話をしていたか詳しくは分からないのだが、ペッパーがこう言いだした。

「話は変わりますが、あなたはどんな色が好きですか?」

うーん、結構唐突じゃないか。ペッパー君。

しかし、話しかけられたことに応えるだけでなく、自ら話題を持ち出すことが出来る、これが新しい、とも言える。

2月に発売予定。
価格など、詳しくはこちらのリンクからご確認を。


ちなみに足は車輪式になっています。


NS
スポンサーサイト
今日も青空。
昨日ご紹介した青空文庫について、また。
ビジュアルを交えてわかりやすく。

PCでサイトにアクセスすると、テキストファイルでのダウンロードと、XHTMLファイルでの閲覧を選択することができる。
前者だと、メモ帳で読むか、何らかのリーダーで変換して読むか、ということになる。
後者はそのままブラウザで表示されるので、ラク。


ブラウザでの表示例


字が小さくなりすぎてしまったが、横書きになっている、のはおわかりだろう。
それが気にならなければ、これはこれでいい。

次に、ダウンロードしたテキストファイルをスマホにインストールしたアンドロイドの「i文庫」で表示したもの。

Screenshot_2013-04-03-15-43-05.png
ちなみに解像度は、1280×720ピクセル、である。


PCに比べてスクリーンサイズはずっと小さいので、必然的に表示範囲は狭い。
けれど、字のサイズは意のままだし、パッパッとめくっていけばいいので、気にはならない。

それよりもタテ書き、紙の地色を思わせる背景色と、文庫本ライクになる利点の方がずっと大きい。
表紙はこんな感じ。

Screenshot_2013-04-03-15-42-55.png
この状態で495ページになる。


最近のスマホは大画面化されているのでいっそう読みやすくなった、と言えるし、
タブレットだと尚可、だと思う。

とにかく全巻持ち運ぶのもラクラク、だから、
出先で第二巻を読み終わり「クソッ、3巻を持ってくるのを忘れた!」なんてことは起こらない。

とってもイイんじゃない。


NS
手のひら図書館。
青空文庫」をご存じだろうか?

これは、著作権の切れた文芸作品のテキストデータを、無料で配信しているサイトなんである。
肝心のテキストは、ボランティアの有志がせっせと打ち込んだもの。
PC歴10年超ながら未だにブラインドタッチが出来ない身にとっては、ホント、アタマが下がる。

著作権の切れた、つまり原則として著者が亡くなってから半世紀が経過している作品が対象なので、
当然村上春樹などは置いてない。
それでも、わたしの好きな夏目漱石は全部そろっているし、このことひとつだけでも文句なしに素晴らしい。
漱石全集がフリー。ちょっとすご過ぎないかい。

さて、テキストデータってことは、PCの「メモ帳」などで閲覧もとい、読めるわけだが、横書きだし、行間も詰まっているしでイマイチ読みづらい。

そこで重宝するのが青空文庫リーダー。

わたしの使っているのは、アンドロイド版の「i文庫」というアプリだが、こいつで青空のテキストデータを読み込むと、縦書きの、文庫本ライクな表示に変換してくれるのだ。
文字の大きさなどもお好きにコントロール出来るので、ホント、便利なんである。

最近などは、吉川英治の作品がアップロードされ始めたおかげで、久しぶりに「私本太平記」や「宮本武蔵」を読みふけった。
いずれもリアル本を持っているんだが、スマホに全巻が入ってしまうなんて凄過ぎる。
「ワォ!」と叫びたいくらい。

そこで勝手なお願い。
早いとこ、「三国志」と「新平家物語」をアップしてください。

よろしくお願いいたします。


NS

ステークホルダー
パナソニックのブルーレイHDレコーダーがいっぱいいっぱいになって、
新しく録画するにも消しては録り、になっていた。

そこに登場したソニーのnasne。
小さい、安い、ネットワーク専用だけどウチはOK、これでディーガが楽になる!と楽しみにしていたら、
発売前日に不具合発見とかで発売延期!

結局手に入ったのは当初の予定を1月半も過ぎた頃だった。

次いで、ウチのテレビがnasneにつながらない(涙)ため、iPadを売ってまで手に入れたXperia Tablet。
発売から1月も経たぬうちに防水性に不具合が…点検修理とあいなった。

ソニーよ、いったいどうなっているんだ。
所詮ニンゲンのやることだ、ミスが起こるのはある程度仕方ない。
しかしもしかし、アップルやらハングル勢に押された苦境から巻き返しを、という大事な折にこれはなんなんだ。

わたしは中学生以来のソニー党だけに、腹立ちもひとしおだ。
文句のひとつも言ってやりたくなるのが人情、ってもんだ。

そこで思い出した。
オレはソニーの株主だったじゃないか。

買値からあまりに下がっているので、自己防衛本能からか株を持っていることを失念していた。
オレはソニーのステークホルダーだったのだ。

ようし、来年の株主総会は絶対に出てやるぞ!
物言う株主の諫言を聞け!!!

それと、行くとなんかノベルティはもらえるのかしら?


ヒドイ写真ですが、ウチのタブレットです。電気なければただの板…


NS
iPod touch用のスタンドを作ってみました。
iPod touchのRetinaディスプレイは実に高精細、
3.5インチのワイドスクリーンには960x640ピクセルの解像度があって、326dpiというからこれは印刷物と同等のきめ細かさ。

実際、写真もビデオも先代3rd touchよりダントツに美しくなっていて、
(そこにKOされてコイツを買ったわけだが)
ウチの外ばかりでビデオを見るのはもったいないと、最近はフトンに寝っ転がって見るようにもなっている。

そうなると、手に持っているのが面倒なんだよね。
大して力がいるわけじゃないが、ずっと支えていなきゃならないのは正直億劫。

手を離してもiPodをちょうどいい角度のままホールドしてくれるスタンドはないものか、
と探してみると、これがさすがにたくさん用意されている。

あまり金をかけるほどのものでもないので、600円のヤツを買ってみた。
シリコン製の玉を吸盤でiPodの背面に貼り付けるタイプで、これで一件落着と思いきや…

ウチのiPodはカバーを付けているからなのだろう、貼り付けてしばらくすると勝手に剥がれてしまうのだ。

新しいのを買うのも何だかなあ、としばらく放っておいたら、いいモノを見つけた。

これもiPod用にと買っておいた、アンプ内蔵ミニスピーカーのパッケージを捨てようとバラしたところ、
出てきたのがこれ。形といい大きさといい、スタンドにしか見えないではないか。

iPodスタンド

早速iPodを乗せてみると、それだけでも十分使えそうなのだが、
一応滑り止めということで、ウレタンのマットを細長く切って、両面テープで留めてみた。

iPodスタンド02

ううむ、まさに申し分なし。余計な散財を防ぐことも出来て、大いに満足、満足。


NS