FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
雑感。
 全国津々浦々、どころか全世界がその影響下にあった今回の新型コロナ感染症。今だ克服への道筋はハッキリ見えない状況が続いている。横浜の中心市街も、ここしばらくメッキリ人が減った、ところもあれば、伊勢佐木モールなど「どこが変わったの?」というところもある。

 何はともあれ、首都圏も非常事態宣言が解除されるか?という段にある。当然ながら、宣言解除はコロナ克服と同義ではまったくない。一応の落ち着きが見えた、ようなので、ソロリソロリと従来の生活様式を取り戻していこう、というまでのこと。

 今回の事象で、図らずも色々な事を知り、見えるようになった。この国がどうしようもなく社会インフラのIT化で後れを取っていること、こうした医療危機に際して、体制が思いのほか脆弱であること、諸外国の状況や対策などを通して、たとえばスウェーデンなどに見られるように、様々な社会の在り方が、別の選択肢があること、などなど。

 そして、とにもかくにも、いつ何時こうした感染症の猛威に遭わないとも限らないという現実をわたしたちはイヤ!というほど強く思い知ったはず。

 懸念される「第二波」への備えを皮切りとして、さあ新しい日常を始めよう!などとノー天気にもなれないが、ただで起きるわけには絶対にいかないだろう。ソーシャルディスタンスなど、疫学的なセオリーをアタマに置きながら、人間らしい在り方をどうマッチングさせていくか。手探りで、それでも進んでいきたい。


しばらく前にドラッグストアに入手したアイリスオーヤマ製のマスク。少しずつ、マスク不足も解消の気配がある?

NS

スポンサーサイト



横浜で32年ぶりの積雪!
 コロナウィルスのため週末は不要不急の外出をしてはいけ
 ないという自粛要請が出ていた。そんな日曜日、関東では
 めずらしく雪が降った。

yukiniwa1.jpg

 天気予報では場所によっては雪になる程度のだったので、
 降らないんじゃないの? と思っていたら、さにあらず、

yukiniwa2.jpg

 朝8時に降りだした雪は昼過ぎまで続き、車の上に2センチ程積もった。

 前日の土曜日は最高気温が24度もあって、暑くて半そでのTシャツ姿
 だったのに、その翌日が雪なんて・・・

 )*o*( アッチョンブリケー! by ピノコ

yukiniwa4.jpg
  土曜日の花壇 (ビフォー)

yukiniwa3.jpg
  日曜日の花壇 (アフター)

 3月下旬に横浜で積雪があったのは32年ぶりの記録だそうだ。


 ところで、

 3月20日からはじまった三連休におけるコロナウィルス感染者数の
 結果がわかるのが今週末のこと。おそらく感染者数はさらに増える
 だろうから、もしかすると来週ロックダウン(都市封鎖)になるかも
 しれない。(^_^;)

 年度末の仕事は今週中に片づけて、テレワークができる体制を
 整えておこう。

 きしょう

『Fukushima50』エンドロール
現在公開中の映画『Fukushima50』。
2011年3月11日に起こった東日本大震災の時に福島第一原子力
発電所内でその崩壊と闘った発電所員の姿を描くドラマである。

この作品のエンドロールに(最近よくあるパターンだが)福島第一
原子力発電所の実際の建設記録映像が流れるが、その映像は
当社が撮影した映像なのです。

fukum1.jpg

当社は昭和26年(1951)に設立した文化・記録映画の製作会社で、
福島第一の建設記録を、建設現場の地質調査から完成まで撮影
しています。

ローリングタイトルにも『映像資料提供』としてオールと日映科学
映画製作所と新旧ふたつの社名を出していただきました。
日本映画の歴史に残る作品に少しでも参加できて幸いです。

ついでにお知らせすると、その記録映像のうち、外壁が縦の
ストライプ模様の建物が映るけど、

fukum2.jpg

このカットは私が28歳のディレクターだった頃にカメラマンと
二人でヘリコプターに乗って撮影したカットなんです。
まさか自分の撮ったカットが劇映画に使われるとは思いません
でした。

きしょう

今月の猫写真

ネットからダウンロードした手持ちの猫写真からお気に入りを
紹介するこのコーナー。今月も4つの写真を紹介します。

テーマは、驚くネコ!


--今月の1枚目。

bikuri3.jpg

 「アサー!」 by 谷岡ヤスジ  ←古い



--2枚目。

bikuri1.jpg

 アッと驚くタメゴロ~。



--3枚目

bikuri2.jpg

猫が驚いたら、キャッ と、言うに違いない。



--4枚目

bikuri4.jpg

「おったまげ~!」 

きしょう
フライング。
冬は嫌いだ。理由は簡単、寒いのが苦手だから。そして夏も嫌いだ。暑いのが苦手だから。これじゃヘタレだが、本当だから仕方ない。ま、夏の方がより嫌かもしれないが。

今シーズンの冬、ここまではかなりの暖冬だ。寒いのが苦手な身にはありがたい、などと、決してわたしは思わない。度が過ぎたあまり、野菜が育ち過ぎて廃棄処分になるものが出てきたり、雪が降らずに困っている事業者も決して少ないないだろうし、要するに社会にネガティブな影響を及ぼしているから。そんなの知ったことか、などとエゴの塊にはなりたくないものだ。

それはさておき、先日お誘いをいただいて、久しぶりに鎌倉に行ってきた。大町近くの魚介専門の小さなイタリアンで優しい味のランチを楽しみ、そこからぶらぶらと若宮大路を渡り、小町通りを抜け、お寺や神社、小さな美術館などを回った。ひょいと行くのが普通だった鎌倉も、どこかのバカげた観光客集めでひどい混雑が当たり前になり、すっかりご無沙汰していたのだ。
この日、小町通りなどは思いのほか人が多い感もあったが、ここは以前からこのくらいの人出はあったところ、それでもずっと歩きやすくなったのは間違いない。

一時のピークに比べると、売り上げが落ちたところも多いだろう。けれど、混み過ぎて来るのが嫌になる人が出るほどに観光客を集めてどうするんだろう。鎌倉のみならず、京都や、浅草や、ほかの幾多の街でもそうだが、ほどほど、のところに落ち着いて欲しいと願わずにいられない。そういや京都も、前回から間が開いているし、ちょっと今行こうという気にならない。

さて、この日の鎌倉散策は梅も楽しみにしていたんだが、若宮大路で桜が咲いているのには驚かされた。暖冬もここに極まれり、である。2月の桜、何だか間が抜けた感がするのはわたしだけでしょうか。

IMG_4125.jpg
鎌倉駅東口のロータリーを出てすぐのところ。


どこだったか忘れたが、もちろん梅も咲いていた。

SN