プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
おもちゃは語る。

 クラシカルな外観でひときわ目を惹く明治屋ストアがシンボルになっている?京橋エドグラン。この複合施設の地下通路にはいくつものショーケースが並び、北原照久氏のコレクションが展示されている。

 定期的に展示替えされているようだが、恐らくおもちゃが中心になっているんだろう、この日はセルロイドのおもちゃがショーケースから溢れんばかりに並んでいた。

IMG_3208.jpg
キューピー様々。ブラック、なんてのもあったのか。


 おもちゃ、だから子どもが遊ぶために作られたもの。けれど、どんなものを作ろうかと考えるのは大人だから、そこには当時の流行とか、世相とか、要するに「時代」が自然と反映されてくる。

 たとえば戦前、1930年代の日本。中国との戦争が続き「戦時」が日常になっていた時代。男の子は誰もが兵隊になる時代。おもちゃにも機関銃を操作する兵隊さんとか、爆弾三勇士!なんてものまであった。装甲車なんていかにも、って感じだ。

machinegun.jpg
機関銃手のつぶらな瞳を見よ。


 オトナの世界を垣間見るようなものも色々ある。パラソルの下で長椅子に横たわる女性!とか、よっぱらいの人形、なんて???のもある。よっぱらいが子どものおもちゃになる?しかもこの人形、漫画チックに面白おかしくされているわけじゃなく、GIジョーよろしくリアル路線なのがコワイ。
 
dranker.jpg
真ん中が「ドリンカー」。この目、イッてる?


 ズラリと居並ぶセルロイドのおもちゃたち。そのほとんど(全部?)が日本製。メイドインジャパンと言えば、クルマや電気製品など最新のテクノロジーを駆使したものをイメージするが、この頃はこういうものをせっせと作って外貨を稼いでいたんだな。

IMG_3222.jpg
「ノンキナトウサン」は知ってたが、キャラ人形まであったとは。


NS
スポンサーサイト
横浜線トレインチャンネルで放送中
最近、電車内のテレビ広告や駅のディスプレイ動画の仕事が増えている。

toreinc1.jpg

そのうちのひとつ、私が担当した動画がJR横浜線のトレインチャンネルで流された。
(JRは車内のテレビ放送のことを『トレインチャンネル』とよんでいる)

toreinc2.jpg

これは横浜市水道局の15秒のPR動画で、市民が払っている水道料金の
38パーセントは古くなった水道管の取り替え費用として使われているという
お知らせだ。

toreinc3.jpg

私が担当したのはアニメーターが作った動画を、トレインチャンネルの放送規格に
合わせてデータ変換したこと。

先日、その動画がちゃんと放送しているか確認するために乗ってきた。

toreinc4.jpg

大手企業のインパクトある長い広告が流れる中で、単発の15秒間は一瞬のことで、
正直、はたしてどれだけの方の目にとまるんだろう・・・などと心配になってしまう。

みなさんも下記電車に乗ったらトレインチャンネルを気にしてください。
“水道管くん”の動画がうちが作ったものです。

<PR放映期間>
  ・JR横浜線  7月2日~8日(1週間)
  ・横浜市営地下鉄グリーンライン、7月1日~14日(2週間)
  ・相 鉄 線  7月1日~31日(1ヶ月)
      (ただしテレビのある11000系車両のみ)

きしょう

未来を(ちょっと)想う。


まずこの写真。
現在建築中の「ザ・タワー横浜北仲」である。
2020年4月の竣工予定で、高さは何と58階!この状態からまだまだ上へと伸びていくのだ。

このごく近所では、横浜市庁舎の建設工事も着々と進んでいる。
こちらの建物も32階とかなりの高さ。

そりゃ当然のこととして、最新最高の技術が投入された耐震構造になっているんだろうが、かつて海だったのがそんなに昔でもないところに建てんでも、なんて思ってしまうのは素人の浅はかさ?

そしてMM。
オフィスビルの建築がちょっとしたラッシュになっていて、資生堂の研究所にコーエーテクモ本社、そして京急本社。まだほかにもある。

わたしは思う。
これらの建物がすべて稼働をし始めたら、どうなるんだろうかと。
ビル内に社食やら、併設の商業施設に食べ物やも出来るだろう。
それでも、ランチ難民は結構出てくるんじゃないか。

そんなことよりも、通勤人口はどれだけ増えるんだろう?
最寄駅は新高島、もあるが、横浜駅利用の人が大勢を占めることになるんじゃないか。
今ですら、アタマが痛くなるほどの駅構内の混雑は、間違いなく加速するのでは。

武蔵小杉のことを連想する。
タワーマンションが乱立したおかげで、通勤時間帯に改札に入るための行列!が駅舎から外へと続いているとか。
誰がこんなリスクがあると想像した?
そもそも全体を俯瞰して調整する機構がないんだから、想像した人がいてもどうにもなるまい。

横浜は、MMは大丈夫なのか?

わたしには分かりません。


NS
映画 『レディ・プレイヤー1』

友人からさそわれて『レディ・プレイヤー1』をIMAX3Dで鑑賞した。

オープニングからいきなりーチャルリアリティなゲームの世界に入って、
その迫力がハンパない。

ストーリーが単純なのでゲームの世界にのめりこめる。
しかも、スピルバーグは省略がうまいから、クイズの謎を解く場面でも間延びする
ことなく退屈することはなかった。

見どころはVR世界の縦横無尽なCG画面と迫力ある映像の他に、80年代の
ポップカルチャーのアイテムやキャラクターが随所に盛り込まれているのが魅力だ。
その登場するキャラクターやBGM、小道具が知ってるものばかり。

特に“あのロボット”と“あのロボット”が“あのロボット”とガチンコで闘うシーンは燃える。

 80年代のポップカルチャーによる

         “オモチャの缶詰” 的作品!


 採点 90点 (90点満点)

 人生を変えるほど感動した映画と同じではないので90点満点とする。



   *   *   *   ネタバレあり   *   *   *

  redyplay1.jpg


とにかく楽しい。

個人的にはガンダムの登場よりもキューブリックの『シャイニング』の再現に拍手。
大好きな双子の姉妹も出てくるし。まるで自分が映画の世界を体験してるような
感覚になる。映画『テッド』の時もそうだけど、あまりにもコアな作品のオマージュって、
知ってる人はものすごくハマるけど、知らない人はどうなのかって考えちゃう。
ま、私が心配してもしょうがないので楽しんだ方がいいけど。

 “あのロボット”と“あのロボット”が・・・は

 『アイアン・ジャイアント』と『ガンダム』が『メカゴジラ』。
まさかこの3体が戦うなんて誰が予想できるだろうか!
しかも森崎ウィンの「俺はガンダムで行く!」のセリフがカッコイイ。

細かいネタを挙げたくなるけれど、それは置いといて、
最後の方でドロンジョ様がいたような気がした。 ←未確認

30年前、・・いや、もうちょっと昔だったかな? ←三木のり平

ベータマックスJ-9を買った時にアニメ『プロジェクトA子』をスローモーションで
観たように。 ← 当時アニメオタクがこぞってやっていた
ブルーレイが発売されたら目を皿のようにして細かいキャラクターを探して楽しもう。

異性のキャラクター(アバター)に好意を寄せてしまうのは携帯ゲームにハマっ
ている若者たちには“あるあるネタ”でしょう。

ラストの『現実の世界(3次元)の方がもっと良いことがあるんだ』というメッセージに
おじさんはウルっとしてしまった。
VRの世界にのめり込み過ぎることへの警鐘はスピルバーグらしい。
火曜と木曜が休み(?)というのも温かいメッセージとして心に響く。

ラストのイースターエッグがインディ・ジョーンズの“サンカラ・ストーン”に似てて
笑ってしまった。そこまでやるかって。

きしょう

科学映像館『配信1,000作品達成』おめでとうございます。
わたしたちオールの前身である日映科学映画製作所が、60年以上の長きにわたり作ってきた、700本を超える数多くのドキュメンタリー映画たち。フィルムの時代が長く含まれており、そこで生まれたネガやポジのフィルムは、移管され、廃棄され、ほとんどが社には残っていない。

幸い残っているものも、映写機やスクリーンがなければ見れないし、ネガフィルムは現像することろから始めなければならない。要は、見ることすら一苦労なシロモノ、なのである。

さらには、劇映画と違って板って地味で知名度も注目度も圧倒的に低い(低いどころか、知られていることがマレ、であろう)ドキュメンタリー映画には、保存するという機運がなかなか生まれなかった。じゃ、こうした映画には価値がなかったかといえば、そんなことはない。優れた内容の作品も決して少なくないし、今や失われているものがフィルムに残っているだけでも大いに価値がある。

そんな、消えていくばかりのドキュメンタリー映画の保存・活用に一石を投じたのが科学映像館。フィルム作品をデジタル化することでグッと扱いやすくし、インターネット上で配信(しかも無料で全編を)することで広く世界へと扉を開いてくれた。

社の倉庫でくすぶるばかりのフィルムに陽が当たり、あるものはDVDとなり全国の図書館へと旅立ち、あるものは番組の映像素材として国内はもとより海外からもオファーをいただいた。

こんな、ステキなことが起こったのは、科学映像館あってこそだ。

その科学映像館が創設11周年を迎え、配信作品はついに1,000の大台に到達するそうだ。11年の歴史、1,000に及ぶ作品の一部に係らせていただいた者として、心よりの感謝を表すとともに、これからの大いなる発展を願って止まない。

さあ、科学映像館へはこちらからどうぞ!

a letter of thanks
ご丁寧に感謝状をいただきましたが、こちらこそ、です。


NS