FC2ブログ
プロフィール

nichieikagaku

Author:nichieikagaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

映蔵
横浜で活動する記録・広報映像制作会社日映科学映画製作所の作品紹介や、社の周り・横浜情報の発信など。
映画「SWスカイウォーカーの夜明け」
42年前。

映画『スターウォーズ』は、それまでのSF映画の常識を覆すビジュアル
に西部劇をベースにした面白さとアクション。『ローマの休日』を思わせ
る心温まる感動とスカッとする痛快なラストに私はすっかり虜になった。
当時、高価だった8ミリフィルムまで買って、友達を集めて何度も上映会
を開いたのが思い出される。

あれから42年、ようやく物語は完結した。

エピソード(以下EP)1、2、3のテーマは『師弟の絆』。4、5、6は『親子
の絆』。そして7、8、9は『自分探しの旅』だろう。

本作(EP9)は、登場人物や用語の説明がないので、過去のシリーズを
観てないと意味が通じないことがあるかもしれない。制作サイドもそれ
を割り切って作っている。

くわしくはネタバレに書いたけど、普段から人一倍涙もろい私は、ある
場面からずっと泣きっぱなしだった。EP4、5、6が好きなオールドファン
にとって最高の作品になったと思う。

エンドロールで流れるジョン・ウィリアムズの曲は、これまでの曲のダイ
ジェストになっていて、最後、EP4のスコアで盛上ってフォルティッシモで
高らかに終わる。

スターウォーズ・サーガの完結です。

大団円。


感無量の100点です。 (やや甘いけど)



*** 以下ネタバレあり ***


swsky.jpg


まず、ちょっとした不満から

今までの作品でもちょくちょく見られていたが、ご都合主義が多すぎる。

チューバッカが死んだと思ったら宇宙船が二隻あって助かっていたとか、
三角形の地図が2つあったり、禁じられているシスの古代文字を解読
するためにC-3POの記憶メモリが初期化されてしまう感傷的なシーン
があるが、後でR2がちょこっとさわっただけであっさり戻せるなんて。
いったいなんなん?

ラストで、今まで誰も助けに来なかったのがギリギリになって『ダンケル
クの戦い』よろしく駆けつけるのは、・・ま、これはいつも同じか。
歴史は繰り返されるというものだ。

パルパティーンの復活もなあ。
クローンで復活させられるのなら、目の前のひとりを殺してもまたコピー
を作ればいいわけで、これじゃあパルパティーンのコピーと永遠と戦
い続けなくてはならない。だったらいっそのこと、パルパティーン
のクローン軍団を作ったら無敵だろうよ。

鑑賞した後で考えてみると、最終的にスカイウォーカーの血筋が死に
絶えて、シスの末裔(レイ)が生き残ったという結末ってあり? 42年前
から観届けていた私にとってもうひとつスッキリしない感が残る。

EP7~9で好きなのは眼光鋭いレイと中二病のカイロ・レンなんだ。
ダースベイダーと比べてカイロ・レンが弱っちいのが嫌いな人も多い
ようだけど、私はそんな彼が自分探しをしてもがき苦しむ姿に好感が
持てるんだ。EP7だったか部下の報告が気に入らなくてライトセーバー
でパネルをめちゃめちゃ破壊していたのが好きだ。

そんな彼が今回改心して良い子になるのも、自らを犠牲にしてレイを
救うのも、私は意外に感じず、むしろこの結末を待っていた。

レイアの死にチューバッカが号泣するシーンから終盤はずっと泣きっぱ
なし。他にもハンソロが現れた時も、太ったランドが現れた時も、Ⅹウイング
が海から浮上したシーンも、新三部作を支えたレイ、フィン、ポーの3人が
固くハグするのも涙、涙、涙・・・。

そしてラスト、物語のはじまり(EP4)の、ルークの育ったタトゥイーンで、
通りすがりのおばちゃんからファミリーネームを聞かれたレイが
「レイ・スカイウォーカー」と名乗るのも読めたけど胸にグッときた。

ポーの運び屋時代の仲間のゾーリや元ストームトゥルーパーのジャナ
など、初見ながらも魅力あるキャラクターが登場して惹かれるものが
あった。そういえば、EP8のレジスタンスの指輪をしたガキは出てこなかったぞ。

まさか・・・

いやいや、もう終わりにしようよ。
体がもたないから。

って、嫌な予感がしたのでネットで調べたら、

♪ピンポーン
 情報によると、ディズニーは今後、2022年末から新しい『スター・ウォー
 ズ』の長編映画を3本、2026年まで隔年で公開するらしい。『アバター』の
 続編も控えているそうで、今後はアバターとSWと交互に公開するとのこと
 だった。

 アジャパー!

スターウォーズは永遠なり。

・・・でも、私の命は永遠じゃないからね。

きしょう
スポンサーサイト



明日はどっち?
先月終了した企画展なんですが、東京ステーションギャラリーで「辰野金吾と美術のはなし 没後100年特別小企画展」というのがあった。「小」とつく通り、展示のボリュームもいつもの半分程度で入場料もリーズナブル。


こんな感じでした。


だからと言うことでなく、この人に興味があったので見に行ったんだが、展示会場を出たところに、関連した展示物が置かれていた。以前の企画展でお目にかかったことのある、東京駅周りのジオラマである。

それが、駅舎の完成当時を皮切りに、時代を追って3つ並べてあった。

IMG_2942.jpg
東京駅が完成した、1914年ころ。


駅の周りには、これといって目につく建物がない。と言うより原っぱが広がっている。
これは駅舎を際立たせるためにあえてこうした、のではなく、本当にこうだったようだ。

アタマではそうだった、と理解しても、ちょっと信じられない。

IMG_2943.jpg
1930年代?


時代は下って、って10年か20年そこいらだが、丸ビルやらが出来て面目を一新。
この周囲にも市街地が広がっていたわけで、景色がまさに一変したのが分かる。

駅のホームが長大化されているのも注目。
それだけ人の動きが活発になった証なんだろう。

IMG_2944.jpg
2007年以降。

そして現在。
建て替えられた丸ビルに、新丸ビルなども加わって、駅の周囲は高層ビルが林立している。
ともすれば埋もれてしまいそうなところ、駅前広場の広がりもあって、駅の周りだけ開放感がある。

果たしてこれから先、この風景がどのように変わるんでしょうか?
それともあんまり変わらないんでしょうか?

明日はどっちだ。


NS

ミナトに別の顔。
横浜といえばミナト、と返ってくることが多いだろう。
港こそ横浜を代表するイメージ、と言っていい。
その「港」を画に収めるちょうどいい場所を探して少し歩いてみた。

山下公園、みなとの見える丘公園、大桟橋、ザッとこんなところが浮かんでくる。個人として写真やビデオを撮るならいいが、仕事で、となるとこういうところはコストが掛かってくると思っていなくちゃいけない。

必要コストだから仕方ない、と言えばそうだが、適した場所が他にないとも限らない。だからぶらぶら歩いてみた。

2、3時間探索の結果、まあこういうのもアリじゃない?的な場所がいくつか見つかった。採用されるかどうかはともかく、一応お役はご免と。そんな道中の間、ついでに自分が面白い、と思うところでも写真を撮ってみた。



IMG_2851.jpg

キレイでスマートな風景にとどまらない、生活感というか現実感というか、そんなのを感じさせる情景に何か惹かれるものがあったんだろう。

ついでにもう1枚。

IMG_2853.jpg

何だか、あぶない刑事的なシーン、って感じもする。
ファンとしては、だから何かいい、と思ったのかもしれない。

NS
真面目にバスキア展
 秋と言えば芸術の秋!

 最近、食べたり呑んだりの記事が多かったので、真面目にアートの
 展覧会について書きます。

 六本木の『バスキア展』に行きました!

 正直、バスキアって好みではないんだけど、本物の作品を観てない
 のにけなすのは失礼だと思い鑑賞してきました。

 baskia1.jpg

 絵画やドローイングなど約130点が展示されている本格的なバスキア展
 は日本で初めてだそうです。しかも、10点ほどの写真が撮影OKだった
 ので、とてもいいことだと思う。

 baskia2.jpg

 中でも有名なのは上の作品。
 ZOZOの前社長が123億円で落札した作もの。
 やはり本物は迫力ある。

 1980年代に彗星のごとく現れたジャン・ミシェル・バスキア。
 彼は子供の頃、交通事故に遭い、入院中に母親から解剖学の本を
 もらったことがあることからガイコツや人体解剖のモチーフが作品に
 出てきます。なぜ入院中にそんな不気味な本をプレゼントしたのだ
 ろうか?

 baskia3.jpg

 彼が活躍してた時期はウォーホールやキースヘリングといった現代アート&
 ストリートアートが流行している頃。ただウォーホールやキースヘリングは
 絵を描いてたが、バスキアは絵ではなく文字からスタートしている。それが
 他のアーティストと違うところ。作品を観ていると、アフリカやジャズ・・・と
 音楽を感じてしまう。

 だんだん好きになってきたぞ。

 baskia4.jpg

 上の作品で注目して欲しいのは日本語が書き込まれていること。

 彼は1988年に27歳という若さで亡くなっている。作品を描き始めて
 およそ10年という短い活動期間だったが、その間に3度も来日して
 いたそうだ。

 baskia5.jpg

 その時もプレゼントしてもらったのか自ら見つけたのか『おりがみ』
 をそのまま描いている。他にも五重の塔や日本語も書いてい
 るし、よほど日本が気に入ったのだろう。

 ・・・なかなか良い奴じゃないか。

 私が彼の事を毛嫌いしていたのは、投資家が投資目的で作品を売り
 買いして価格を吊りあげようとしていたこと。でもそれは、バスキア自身
 にも作品にも罪はないことだ。

 今回の展覧会でバスキアの作品を観たことで、ヘロインで亡くなったり
 やんちゃな印象だったが、アートに関してはすごく真面目に取り組んで
 いたのがわかった。

 きしょう
 
シブヤの暁。
渋谷の街、いつからか忘れたが、ダイナミックに変貌中だ。

東横の駅が地下に潜ったのももはや遠い昔、リニューアルの先陣切ったヒカリエが2012年竣工と聞くと、エッ!そんなに経ったの?とビックリしそうだが、去年はストリーム、今年はスクランブルと、続々と新たな高層ビルが姿を現した。

IMG_2649.jpg
右がヒカリエ。左がスクランブル。


とは言え、今だはるかなる道の途中。

全体計画の完成予定は2027年!だそうだが、この先まだまだ何棟もビルが建つ予定。というか、建設中のビルはそこかしこに目にすることが出来る。

8年後、と言ってもそんなに遠い先のことじゃない。
その間に、まだ残っている旧東急東横店の建物なども建て替わるわけだ。
どうしてどうして簡単なことじゃない。

しかしまあ、完成の暁にはどうなるんだろう?

高層ビル群たち、全部が全部ってわけじゃないだろうが、地下でもかなりの範囲が結ばれることになるんだろうか。それにしたって、地下からあるビルにアクセスして、エスカレーターやらで上に運ばれて、用事が済んだら下に下りて、移動してまた上下動、さらに上下動と、ずい分忙しくせわしないことになりそうだ。

体力を削られる街。
それが未来の渋谷かもしれない。
筋力を鍛えて、完成を待つことにしよう。

IMG_2680.jpg
スクランブル14階からの眺め。右端がヒカリエ。

NS